FRAMEs ビゴーレの自転車フレーム

ビゴーレではどのフレームも、ペダリングのエネルギーを効率よく推進力に変え、コーナーリングの反応が良くなるように設計しています。これまでの様々なレースノウハウを基に数値的な軽量化や装備の豪華さでごまかすのではなく、乗る事を純粋に楽しめるように作り出しています。このフレームをベースにビゴーレの様々な完成車スタイルが展開されます。

スタイルの詳細は

Cromoly based クロモリフレーム

工業製品の伝統的素材である炭素鋼にクロム、モリブデンを添加させ自転車用に軽量で強度硬度を高めた素材であるクロムモリブデン鋼。アルミと比較して弾性能が高くしなやかなクロモリをビゴーレではスポーツ用に用いて、中-長時間のライディングに対してストレスを軽減する設計としました。 クロモリベースのベーシックFRもクロモリレーサーも1990年代に競技用として開発されたフレームを年々設計変更を加えて、単なるマウンテンバイク、ロードバイクではなく、ストリートでのライディングを堪能出来る一台の基となります。

  • Basic FR ベーシック・エフアール for MTB
  • CrMoRacer クロモリレーザー for Road bike

Aluminium based アルミフレーム

1980年代後半からより軽量化を図る為にアルミ合金を自転車に用いるようになりましたが、アルミ自体は柔らかな素材であるため、クロモリ材よりも設計的工夫によって剛性を高める必要があります。
初期の一般的なアルミフレームの設計では、極太チューブや異型断面チューブによって過度の剛性感を出し過ぎた為アルミフレームは「固い」印象を与えていましたが、ビゴーレのアルミフレーム(カーボンコンポジットも含む)は、アルミの特性である比重の軽さを活かしつつ、これまでのアルミフレームの設計思想から発想転換し、チューブの断面形状をコンパクトにして肉厚を上げる事により弾性を発揮し、耐久性を向上させました。
クロモリよりも剛性が高く軽量なアルミフレームは、タイムトライアルなどの短-中時間でのライディングで能力を発揮します。また、これまでのコンペティション(競技)モデルよりも向上させた耐久性により、日々のトレーニングなど日常使用にも十分に耐えうるフレームとなってます。また、樹脂硬化させたカーボン材より経年劣化の程度は低いので、永く楽しんでもらえる一台を組んでもらうことができます。

  • Rocket Racer ロケットレーサー for Road bike
  • Super Rigid II スーパーリジッド2 for MTB
  • ZERO ゼロ

Archives 過去の作品

ビゴーレがこれまでつくってきた歴代の自転車/フレームたちです。
それぞれに思い、歴史が有ります。
  • DS979 evo.3

    DS979 evo.3

  • RAD W-1

    RAD W-1

  • RAD W-2

    RAD W-2

  • RAD X-1

    RAD X-1

  • RIGID Std.

    RIGID Std.

↑ 上にもどる