ビゴーレの自転車 The Identity of VIGORE’s Bicycle ビゴーレの自転車は
日々をたのしむ自転車。
歴史や経験を積み重ねた上での
極限まで削ぎ落とされた
そのシルエット。
純粋に自転車に乗ることを
愉しんでもらうことを目的に
道具としての命を注ぎ込んでいます。

道具としての自転車

ビゴーレの自転車の美しさは、
表面的なものに囚われているからではなく、自転車を人の使う道具として捉え、
不要なものは削ぎ落とし、走ることへの飽くなき追求が醸し出すものです。
そして、お客様へ渡った後、走る道具としてその寿命が尽きるまで、
機能を十分に発揮できるように、設計から制作、アフターケアまで一貫して実践しています。

ビゴーレの自転車は、純粋に人が乗って移動することに着目し、
自転車ができるだけ乗る人にとって負担にならず、
前へ進む力を最大限に増幅することを目指しています。
言うなれば、
自転車に乗っていることを忘れるぐらいに人と一体化し、
人の自転車に乗るという体験のみが大きな喜びであってもらえるような自転車づくりを目指しています。

人馬一体。 修行をしてその境地に達した人のみがその体験を得るのではなく、
多くの人にその体験を。

ビゴーレの道具としての自転車の在り方はここに根ざしています。

ビゴーレの自転車
何がちがうの?

ほかに似たような自転車はたしかにあります。
でも、明らかにちがうビゴーレの自転車。
競技車としての血統、完全受注生産、
そして、いつまでも楽しめる柔軟さ。
何よりも、日本人の脚質や日本のフィールドに合わせた設計は、
きっと海外ブランドのものとは、明らかに異なるフィーリングのはず。
素性の良さと手間が十分にかかった一台だからこそ、
乗れば明らかにその違いがわかります。

ビゴーレの3つの特徴

競技車として生まれた自転車
競技車として
生まれ、
そして
日々楽しめるよう
改良する。
ビゴーレは、これまでロードレース、トラック競技からトライアスロン競技、またダウンヒルをはじめマウンテンバイク競技など多岐に渡った競技のための自転車を製作し、レースに参加してきました。
現在のクロモリ製バイクの「クロモリ・レーサー」「ベーシック・エフアール」も最初は競技用として開発され、それを日々乗ってもたのしむことのできる自転車に発展させています。また、新たに仲間に加わった「山と旅の自転車」は、
新しいジャンルを切り開くべく、マウンテンバイクとロードバイクの良いところを組み合わせて生まれたオリジナル・ツーリングバイクです。
言うなれば、ビゴーレのどの自転車も、毎日の生活(通勤・通学・市内移動・買い物・運動)から、サイクルイベント(センチュリーライド・グランフォンド・ヒルクライム)、旅行(輪行)、ポタリングまで、どんなスタイルで乗ってもたのしめます。
全車 受注生産
乗り手の
からだに合わせる。
そのために
注文を聞いてから
自転車をつくる。
ビゴーレに乗る全ての人に自転車との一体感を得てもらう為に、ビゴーレの全ての自転車は、乗り方や乗る目的を聞いて、それぞれのモデルの試乗車に実際乗ってもらい1台1台サイズフィッティングをし、その人に合ったサイズで一台ずつ受注後に製作します。

また、Webストアでは、専門スタッフが直接乗り方を確認することが厳しいため、身長を目安とした簡易フィッティングをして頂けるように適正サイズチャートをご用意しています。

※ビゴーレでは、フレームサイズとステムサイズを組み合わせて、
 適正なサイズの自転車を製作しています。
ずっと乗れる
少しでも
末長く
たのしんでもらう
為に メンテナンスと
アップグレードができることは
重要です。
ビゴーレの自転車は、各モデルの基本となるフレームは、
同じものを使用してるため、自分の力量に応じてアップグレードすることや、乗り方に合わせてカスタムしやすいものになっています。

また、末永く良い状態でビゴーレの自転車に乗ってもらうために、
全ビゴーレの自転車※に対して無償で
ずっと(永年)メンテナンスをサポートする
「ビゴーレ・オーナーズ・ケア」を提供しています。

※ハンドメイドフレーム品や販売終了品については、一部サポート内容が異なります。

種 類

ビゴーレの自転車は、元来競技用の自転車として開発したものを、都度ごとにアップデートし
自転車に乗る楽しみを増幅する鉄/スチール(クロームモリブデン鋼※)製の自転車を主に展開しています。
(また、本店のみの取り扱いとしてアルミ製(カーボンとのコンポジットフレームも含む)バイクもあります。)

※一般的に「クロモリ」と呼ばれている炭素鋼の一種で自転車フレームの代表的素材。

クロモリ製ロードバイク CrMo Racer クロモリ製マウンテンバイク Basic FR クロモリ製ツーリングバイク 山と旅の自転車

クロモリ製ロードバイク

CrMo Racer

税込167,400円から

クロモリ製マウンテンバイク

Basic FR

税込124,200円から

クロモリ製ツーリングバイク

山と旅の自転車

税込166,320円から

1993年に競技用として開発されたクロモリ製ロードバイクを現代の高強度な仕様へ発展させたピュア・スポーツバイク。ビゴーレのクロモリシリーズの代表格です。 マウンテンバイク黎明期の1992年に競技用自転車を現代仕様にアップデートし、林道から街中まで縦横無尽に駆けめぐれるクロスバイクを超えるマルチな一台です。 マウンテンバイクとロードバイクの良いところを合わせ、ツーリングのために新しく設計された全く新しいジャンルの自転車。毎日乗りながら、ふと思い立った時にそのまま旅立てます。
【用途】
中速から高速で距離を走る(移動)するならこれ。砂利道など未舗装路は走れなく舗装路のみ。自転車に本格的な荷物は積めないが簡単なリアキャリアやバックパックで運ぶことは可。ラインナップの中で一番速度を出しやすく、距離も走れるモデルです。
【用途】
街中をゆっくり探索・買い物したりそこまでスピードは求めなく低速から中速で走る人に。一番汎用性があり、買い物から長期ツーリングまで対応。舗装路~砂利道、山道まで走れる。かご・チャイルドシートが取り付け可能。一番積載でき、更に一番安定して走行できます。
【用途】
中速程度で1日走っていられるサイクリングに適したポジション。普段の街中での道具として、また休日の旅のお供として。週末テントを積んでサイクリングキャンプにも行けます。家から山の方まで走って行き、見つけた林道にも入れます。
(利用想定距離)
日常: 近所~30km
ツーリング時: ~200km/1日
(想定移動速度)
中速~高速
(積載可能荷物)
簡単な専用リアキャリアやバックパックで衣服着替分、輪行バッグを持ってワンデイツーリング~数日のツーリングまで(~10kgまで)
(走行路面)
主に舗装路
(利用想定距離)
日常: 近所~20km
ツーリング時:~100km/1日
       ~長期間の旅
(想定移動速度)
低速~中速
(積載可能荷物)
前カゴで普段の買い物~
前後荷台取付(フル装備)でテント泊などの長期ツーリング対応
(~50kgまで)
(走行路面)
舗装路~山道
(利用想定距離)
日常: 近所~30km
ツーリング時: ~150km/1日
(想定移動速度)
中速程度
(積載可能荷物)
リア荷台取付でテント泊の旅
(~40kgまで)
(走行路面)
舗装路~林道
(タイヤサイズ)
700×19~28c
(タイヤサイズ)
26×1.0~2.3”
(タイヤサイズ)
26×1.0~2.3”

※ 利用想定距離、速度については、あくまで、ビゴーレのスタッフとオーナーの体験/経験によるものです。
体力、体格による個人差によって異なりますので、あくまで目安としてご了承ください。
※ 積載可能重量は、前後合わせてのものです。また、 取付キャリアによって異なります。

さらに深く知りたい人のために。