What's Hot !

2019 05 18

『山と旅の自転車プラス』SHIMANO Di2仕様

 

 

この度、『山と旅の自転車プラス』をSHIMANOのDi2※コンポーネントで組みたいとのお客様のリクエストがありましたので、ここでご紹介させて頂きます。

 

※通常、自転車の変速は金属製のワイヤーをレバーで引いて変速を行うのですが、このSHIMANOの「Di2(デジタルインテグレーテッドインテリジェンス)」とは変速操作を電気信号にして変速するコンピューター制御システムの事をいいます。簡単にいえば電化製品の様にレバーのボタンひとつを押せば正確に変速をコントロール出来るというもの。

 

 

今回はご自分で完成車に組み上げるという事でしたので、「フレーム+フォーク」でのご購入でした。

そして早速ご自分で組み上げられたという事で自転車を見せに来て頂きました。

 

 

中学生の時に乗らなくなったお父様のクロスバイクを乗るようになったのがきっかけの彼。

 

本格的に自転車を始めたのは、大学生になりアウトドアサークルに入ってから。シクロクロスバイクを購入して北海道を3週間旅したそうです。

 

その後にカーボンロードバイクを購入したが、ビゴーレのクロモリバイクを購入した大学の後輩のバイクを見てクロモリフレームに興味が湧いたそう。

 

そしてビゴーレで自転車をオーダーする事を考え来店した際に『山と旅の自転車プラス』と出会う。この頃に希望だった「Di2仕様」の加工が『山と旅の自転車プラス』で対応可能という事を知り購入を決意。

 

今回Di2加工でこだわったところはバッテリーの収納場所、見た目がスッキリするのと山の中で断線させたくないというご希望でシートチューブ内に収納出来るように加工しました。

 

この方のリクエストは”Di2専用フレーム”という事でしたので、ワイヤー変速関係のフレーム小物は全て削除しています。

 

 

 

 

 

700cのホイールを2セット持っているので、ロードタイヤをつけている方はオンロードツーリング用に、グラベルタイヤの方は林道用に、と使い分ける予定だそうです。

 

 

こちらのフレーム+フォークで加工代・オーダーフレームカラー(しるしカラー)代込みで180,360円(税込)でした。

 

 

今回のように紹介していない弊社フレーム加工などの受け付けていますので、何か不明点やご質問などがございましたらお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

  •  
  • back to Index
  •  

↑ 上にもどる