What's Hot !

category「オーダー」の記事一覧

久しぶりのお客さんが、自分のパートナーとなる新しいビゴーレを求めて京都本店へ来られました。
今は東京での生活でなかなかこちらには来られないようでしたが 、今回は自分の自転車をより楽しく乗るために相談に来られました。
それまでもずっと自転車に乗っておられて、去年にはトライアスロンの大会に出場。でも、今乗っているバイクでは固すぎて身体への負担が高く、完走するのがとても厳しいものに感じたそうです。
誰かと競うためではなく、自分への挑戦として始めたトライアスロン。
自分の今の乗り方に合った道具を選びたい。それは、アルミでもなく、カーボンでもない。
最後まで自力を発揮できる、よく走るクロモリ製のロードレーサーを探していたそうです。 
そして、ビゴーレのクロモリ・レーサーに辿り着かれました。

 もちろん、そのままのスタイルという訳ではなく、より実践へ向けたアッセンブル(組付)にします。

フロントフォークは、剛性/ショック吸収性のより高いカーボン製のものを選択。

コンポーネントパーツは、シマノの105をベースに。

ホイールは、ワングレード上のアルテグラ。レースに出るため少しでも身体に負担をかけず、しかし自らのパワーを効率よく前進する推進力に変換してくれるような組み合せをしっかり選んでます。そして手元はDHバー、メーターを取付。

変速も手元で可能となるようにSTIにしてより走る事に集中できるようにしてます。街乗り仕様とは異なる組み合せですが、より前へ進む事へ集中できるように組付けてます。

レースで速く走る事は大切です。
しかしそれは、誰かに勝つためではなく、最後まで自分への挑戦、自分との戦いに勝利するため。
そんな挑戦者にとって、果たしてトップ選手が使用するバイクを選択する事が最適な道具選びなのかということに対してここでは一つの方向が示されているように思います。

今回、最後の最後まで自分の力を発揮しきることができる道具としてクロモリ・レーサーを選んでもらった事を私たちは 素直に喜んでいます。

自分の力を最大限に発揮するために
何が自分に合っているのかを知るために
ビゴーレで乗り比べてみてください。

トライアスロンも戦えるクロモリ・レーサーについては→

クロモリ・レーサーの購入はこちら→

これまで乗られていた他社のロードバイクをビゴーレにしたいというお客様が京都本店に来られました。元々乗られていたこのバイクの乗り味が固すぎるということでビゴーレのクロモリ・レーサーに試乗してもらったらとても気に入って頂き、これまでのバイクからクロモリ・レーサーにパーツを移植する(組替)こととなりました。現在COLORSプレゼントを実施中ということもあり、フレームはレモン・イエロー、ロゴはグリーンという個性的な組合せ。 早速、これまで乗られたいたロードバイクの解体から。 まずは、全体に取り回されたワイヤをカットしハンドル周りのパーツから始まり諸々のパーツをフレームから外していきます。   最後にクランク周り。BBを専用工具で外したらいよいよ次は組付けへ。   今度は、クランク周りから。分解とは逆の段取りで進めていきます。   バーテープを巻くとといよいよ完成が見えてきます。  

組替完了。これまでのバイクからビゴーレに生まれ変わりました。今まで乗っていた自転車を無駄にせず活かしつつ、ビゴーレを楽しむという選択はビゴーレならでは。今回のビゴーレ・リフレッシュの内容は、 [新品交換部品] フレーム+フォーク、ヘッドセット、ハンドル、バーテープ、ワイヤー で組替工賃※込みで合計90,850円(税込)でした。同じものを新品でオーダーするよりも60%も安く新しくVIGOREのオーナーになってもらうことが出来ました。(※組替工賃は、持込み自転車の状況によって異なります。)

いつもオーナーの思いが自転車に表れるといっていますが、今回のCrMo Racerは、さてどのような人かイメージしてみてください。フレームカラーはうす紫、黒のパーツを使わずにシルバー/白を基調として端正なまとめです。

 

そんな柔らかい全体イメージに、ラメシルバーのロゴと鮮やかピンクのボトルホルダーがぐっとアクセントとして利いています。

 

この自転車のオーナーは、こんなかわいらしい女子。身長164cmでフレームサイズは、520mm。(うちのスタッフは、身長170cm超で同じフレームサイズです。このオーナーさんはとても脚が長いんですね。)最近遠出がご趣味でこれからこの相棒といっしょにお手かけしたいとの事です。最初はお姉様が自転車を探してビゴーレに来て頂いていたのですが、ご自分が欲しくなってオーダーに至りました。 どうですか、あなたの自転車は、あなたらしい?

先日、愛知県からわざわざ来て頂いてRocketRacerの注文を頂き、漸く完成となりました。

 

フレームは、お客様のリクエストでフィレット加工。フレームカラーはメタリーベースホワイトというオーダーカラー、写真では分かり難いですがラメが艶やかさを演出しています。

 

  駆動系は、シマノのアルテグラのシルバー、クランクはコンパクトではなくノーマル仕様です。チェーンステーには、オプションでネームを入れられて、より愛着が増してもらえるはずです。

 

  納車時も奥様と遠方からわざわざ来て頂き、実車を確認してもらいました。オーダーバイクは、乗り手のイメージがより強く表れますが、今回もお客様の一部となる一台に仕上がったのではないでしょうか。

黒のベーシックFR。ビゴーレの代表的モデルであり、シンプルを体現したこのモデル。ベーシックな仕上がりのものでも京都本店では一台一台スタッフの手によって組み上げていきます。注文から出来上がるまで時間はかかるのですが、自分の自転車がどこまで出来ているかをたのしみにちょこちょこお店を覗きに来られる方も。
ただ、そこにある自転車を買うのではなく、自分の一台を手にするまでの時間もビゴーレの楽しみのひとつにしてもらえているようでなによりです。

待ちに待ったお気に入りの一台と一緒に記念撮影。
彼女の身長は153cm。自分のサイズに合った自転車にご満悦のご様子、わたしたちとしても気に入ってもらえてとても嬉しいです。お父様も古くからのビゴーレオーナー。代々ビゴーレを選んでもらえるのも長く続けている私たちにとっての喜びの一つです。
昨日も小さな女性が自分に合った自転車を探し、VIGOREに辿り着いたというお客様が九州からこられました。小さいサイズから大きいサイズまで取り揃え少しでも身体に合ったVIGOREに乗ってもらえるようにしております。近所の自転車店に「じぶんの自転車」が見つからない、小柄大柄の人は一度私たちにご相談ください。

先日、京都に拠点を移したコゼバックさんの工房を訪問しました。コゼバックさんは、元メッセンジャーのちえさんが、その経験を基に立ち上げたブランド。もちろん制作もちえさん、その手からすべてのコゼバッグが生まれます。軽量かつ扱い易いバッグは、女子の視点が多分に活かされています。

 

訪問時も黙々と制作中。

 

傍らに置かれた生地たち。表面には帆布が使われていて使う程にじぶんのものになっていくかわいいやつです。

 

ビゴーレと同じくオーダーを受けてからの受注制作が主です。もちろん、スティッチの色も選ばせてもらう事が出来ます。

 

バッグを縫う手元の周りには張りつめた雰囲気。ものづくり独特の緊張感がいい感じです。

 

実は今回、京都本店に置かせてもらうバッグを見繕いに伺いました。いくつか出来上がったものの中から、左の三つを持って帰ります。どれも一品もの。特に真ん中の深めのトートは、この形はこれしかないものです。(ちえさんが実験的につくったものです。)

 

もちろん、ビゴーレで販売するのですが、ビゴーレで買ってもらうコゼバッグには、特別にビゴーレタグもつけてもらっています。ちょっとしたことなんですが、わたしたちもちょっとうれしいです。

 

先ほどのトート、こんなところにも遊び心が。(写真では分かり難いかもしれませんが、スティッチが?になっています。)

ビゴーレと同じく京都でまじめにものづくりしているコゼバッグは、京都本店でも限定ものだけでなくオーダーも受け付けています。自分のかばんが欲しい人は、気軽にご相談ください。

コゼバッグについて詳細はこちらで。
http://www.cosset-bags.com/

初夏の日差しが気持ちよい時期となりましたが、京都本店では京都店限定のROCKET Racer (通称R2)が人気です。アルミ+カーボンの混合フレームは、踏込みロスが少なく、ダイレクトに伝達出来るため、TT向けの仕様となっていますが、日常でもその性能を遺憾無く発揮して楽しんでもらっているようです。
一台目は、カンパニョーロでアッセンブルし、重量的にも軽量に仕上がってます。つや消しブラックで全身を固めた姿は、その性能を引き立たせるようにより精悍に仕上がってます。

 

こちらは、女性の方のオーダー。これまで、MTBで山に行かれたり、UTB-0で街を疾走したりと非常にアクティブにビゴーレを乗りこなしてもらっていますが、更なるスピードを求めてR2のオーダーとなりました。既にいろいろな自転車に乗られているのですぐに乗りこなされて、その性能を満喫してもらっているようです。

最近は、カーボン部まで塗装するオーダーが増えてます。これまでのR2とは趣が異なり、別のバイクのような雰囲気に仕上がっています。
京都本店では試乗もできますので、是非その身体で確かめにきてみませんか。

この春から、少しでも多くの人にVIGOREを楽しんでもらおうと、クロモリフレームのマウンテンバイクベース定番BasicFRの100,000円を切ったオーダーベースモデル ベーシックFRモデルeを京都本店限定で受付開始しました。
ベーシックFRはクロモリレーサーより前傾姿勢が緩いライディングポジションなので、いろいろな展開が可能です。
標準モデルでも、色や組合せパーツを換えるだけで、様々な表情を見せます。

 

まずはナチュラルな一台。サドルは女性用の小型のタイプのものです。

 

次は、少し前傾姿勢ぎみになるようハンドルバーをストレートにして、よりスピードを出し易いかたちに組みました。クロモリレーサーよりも反応の良いハンドリングは、発信ー停止、コーナーの多い街中で活躍するはずです。

 

さらにはポータースタイル。イギリスなどの新聞配達が使うフロントラックを装着。

 

Nitto製の弓型プロムナードハンドルでより快適な姿勢でライディング出来るようにしてます。お買い物先でカバンに入らないモノを買ってもラックに積んだり、天気のいい日に荷物を積んでピクニックなど、なにかと運べるビゴーレはより楽しみが増えるはずです。

これらの様々なベーシックFRのスタイルは、是非京都店で実物を吟味してみてください。

2010 11 06

ROCKET Racer=R2

じぶん最速、ROCKET Racer
これまでの自転車からもっとストイックに乗り込んでみたい人に向けてビゴーレが考えたカーボンバックのアルミフレームロードレーサー。チューブの設計を見直して、これまでの競技フレームよりも剛性を高め、競技専用としてだけではなく、日常でのラフな走行にも耐えうるようにしました。一生懸命走りたい、でもそう何台も買い替えるのも厳しい。そんな自転車乗りの想いを設計に活かして、永く付き合える一台に仕上がっています。

 

もちろん、フレームカラーは標準でオーダーカラー対応。好きな色を自転車に反映させてください。
また、はやりすたりに流されないよう、派手なグラフィックは省き、あくまでフレームのラインを活かすように纏めています。
カジュアルからシックまで、乗る人の想いをそのまま走りとバイクで表現してください。

 

コンポーネントは、シマノの105でも、アルテグラでも自分の性能に合わせて選択できます。

 

このロケットシリーズは、これまでビゴーレに乗っていたけど、さらに買い増しのオーナー様が多いです。きっと、普段はクロモリ、ちょっとスポーツしたい時はロケットという乗り分けもしつつ両方の自転車を楽しんで頂いているようです。
これは、高校時代からのビゴーレオーナーで、約20年越しでアルミロードフレームを選ばれました。
休日にこれまでに無い速度感を楽しんで頂いているようです。コンポーネントは、アルテグラ仕様。

 

このオーナーは、ビゴーレのアルミロードからの乗り換え。平日はもちろん、休日の高速ライドもたのしみだそうです。こちらもコンポーネントは、アルテグラ仕様。


新しい自転車が来ても、これまでの自転車も楽しめる。ロケットは、ぞれぞれの愉しみを見つけていただいているようです。

  • Prev
  • back to Index
  • Next

↑ 上にもどる