What's Hot !

category「コラム」の記事一覧

先日、一枚の写真を持って彼女はやってきました。
その写真には、一台のビゴーレと高校時代の彼女が写っていました。 
日付は、88年10月9日。琵琶湖でのライディングの際に記念に撮ったものとのこと。
当時は、 休みになると自転車で出かけて、日によっては60Kmを超える距離を走っていたそうです。

それから約25年、彼女は再びビゴーレに乗るべくそのときの写真を片手に自宅のある滋賀の石山から京都本店のある京都の岩倉までの行程約25Kmをジョギングしてやってきました。

きっかけは、今乗っているアルミのロードバイク。大人になった彼女は結婚、出産、子育てと自転車からしばらく遠ざかっていたそうですが、子育ても一段落した後、また自転車に乗るためアルミ製のロードバイク 購入。スペックは申し分の無いものでしたが、何かが違ったようです。何が違うのかは分からないが、明らかにちがう。
そして、あのときの感覚を頼りにウエブサイトを彷徨い、再びビゴーレに出会います。しかも、画面には女性向けのロード。この運命的な出会いが、彼女の足を京都に向けることとなりました。

そして、お目当ての自転車とのご対面。片岡に連れられて目の前に現れたそのビゴーレは、まさに彼女の探していたものでした。

一品ものとして完成した状態のものでしたが、サイズは小柄な彼女にぴったりでした。ただ、ポジションの微調整が必要でしたので、まずはステムのサイズを交換し、彼女用にフィッティングします。

一寸したことなのですが、乗り馴れた彼女にとってはこのわずかばかりの差で感覚が変わってきます。

作業を終え、再び乗ってもらいます。

自分用に調整されたクロモリレーサーを一踏み一踏み、かみしめるようにたしかめる彼女。

こうして彼女は、ずっと乗っていてもいつまでも楽しく乗れていたあの時代の感覚を取り戻したようです。
今回のこのクロモリレーサー、スペックは先の一台と比べるとほぼ同じなのですが、彼女にとってはあのときの感覚を呼び覚ます、別のものでした。

最後に出会えた一台とはにかみながら記念撮影。
(ちなみに彼女は25年前の写真とほとんど変わってません。)

まずは乗ることを楽しんでもらうために自転車をつくってきましたが、こうして実際にその違いを感じ、再びビゴーレに乗りたいといってビゴーレに戻ってきてもらえたことは、私たちも素直に嬉しかったです。

それは、乗り比べなくては分からないかもしれません。でも、今回の彼女との出会いは、少しでも、形だけではない自転車の「乗る楽しみ」を感じてもらうため、がんばっていこうという思いがさらに深まる出来事となりました。

見た目はどれも一緒かもしれません。
でも、違う何かがビゴーレにはあります。

後日、しっかり調整のなされた一台のクロモリレーサーは、懐かしくも新しい彼女のパートナーとして、着物姿で迎えにきた彼女に引取られていきました。

今回の彼女のパートナーとなった一品ものはこちら→

クロモリレーサーの詳細についてはこちら→

クロモリレーサーのご購入はこちら→

ビルダー片岡とビゴーレの物語「まじめに遊び道具づくりを考えた。」の第三回を公開しました。

1990年は情報収集の年としてあらゆるチャレンジを実践しデータ収集をしていきましたが、それによって片岡の中にビゴーレのマウンテンバイクの方向性が見えてきます。
そして1991年以降は、この考えを基にいくつかのパタンのフレームを完成させ、その考えを確かめるべくまたもや乗って乗って、乗り続ける日々が訪れます。もちろんそのフィールドは世界にまたがります。疲れよりも、新しいものを生み出す魅力に取り憑かれた片岡と当時のビゴーレの自転車を写真と共に振返ります。いよいよベーシック・エフアールの原型が見えてきます。

※写真は1991年9月のカリフォルニアのビッグベアで行われたカリフォルニア・カップに参戦したフロントサスペンション仕様のクロモリ製クロスカントリモデル。レース終了後にリフト乗り口にて。リフトのプライスには、”with bicycle”のパタンの記載も見えます。

ビゴーレ開発奮闘記「まじめに遊び道具づくりを考えた。」はこちらから→

今回の主人公、ベーシック・エフアールはこちらから→

ビルダー片岡とビゴーレの物語「まじめに遊び道具づくりを考えた。」の第二回を公開しました。

今回も前回に引き続きビゴーレの伝説、クロモリ製マウンテンバイクベーシック・エフアールの物語です。
80年代半ばから黎明期のマウンテンバイクを開発するにあたってとりあえず、つくっては試す日々が続いてましたが、1990年には様々なフィールドでのチャレンジを敢行してます。三浦雄一郎の富士山直滑降に触発されてかどうかは未だ本人のみぞ知る事ですが、この年になんと試作車を担いで登っていき富士山ダウンヒルを試みます。そして秋にはアメリカで開催された第一回マウンテンバイク世界選手権へ3台も持ち込んでのチャレンジ。とりあえずいろいろな環境でのデータを集める事に腐心した年でした。そんな激動の時期を写真と共に振返っています。

※写真は1990年9月にアメリカコロラド州で行われた第一回マウンテンバイク世界選手権での一場面。ゼッケン番号932が片岡。

ビゴーレ開発奮闘記「まじめに遊び道具づくりを考えた。」はこちらから→

今回の主人公、ベーシック・エフアールはこちらから→

新しく古のビゴーレの物語の公開を始めました。その名も「まじめに遊び道具づくりを考えた。」。
現在の代表兼ビルダーの片岡聖登が、先代までのビゴーレから新たに「新しいビゴーレ」を模索するべく、ロードレーサー、マウンテンバイク、トライアスロンの競技に積極的に関わりました。ちょうど時代は、新しいジャンルとして「マウンテンバイク」「トライアスロン」等、これまでの自転車とはまた違う楽しみが生まれ始めた時。まだまだ皆が手探りでいろいろな事を試していた頃です。片岡も自らライダー、選手となり、新しくフレームをつくっては試す日々を積み重ねていました。
その時の自転車開発(自転車づくり)は決して売れるとか売れないというビジネスの視点ではなく、純粋に「おもしろい!」の追求だったのです。
そのおもしろさを追求するための究極の遊び道具を追求することによってビゴーレの自転車たちは生み出されていきます。
見た目は他の自転車とさほどは変わらないかもしれませんが、どのような思いの中で生まれたかを知ってもらえれば、見る目がきっと変わるはずです。
その一台一台の物語を片岡の熱い記憶を辿りながら 纏め始めました。

第一回は、ビゴーレのクロモリ製のマウンテンバイクとして定番となっているベーシック・エフアール 。まだその名が登場するまではしばらくかかりますが、最初の頃から既にその面影は表れ始めます。その時の写真を交えて綴っています。

ビゴーレ開発奮闘記「まじめに遊び道具づくりを考えた。」はこちらから→

今回の主人公、ベーシック・エフアールはこちらから→

※上の写真は、1980年代半ばにつくっていたクロモリ製のマウンテンバイク。この時にフィレット処理による効果を確かめるべく制作したもの。この作業は、家の裏でやっていたそうである。

一台のBasic FR(ベーシック・エフアール)が京都本店に持ち込まれました。
事故で後輪はひしゃげて乗れない状態だったので直してほしいとのこと。だいぶ年季の入ったBasic FRで、持ち主に聞くと92年に購入したそうです。92年と言えばちょうどBasic FR の販売を始めた年、今から21年前の事です。

 

その当時、マウンテンバイクは既にサスペンション付きのものが主流を占めていましたが、サスペンションを取付ける事により重量は増し、また日本のフィールドでは有効的に機能するのはごく一部のロケーションであったため、ビゴーレではもっと軽快にロードの様に野山を走れるマウンテンバイクとしてクロモリのリジッド(サスペンションのついていない)バイクを国内レース実戦においても投入していました。それがBasic FRの原型です。

その頃は片岡が一台一台作るため供給数に限りがあり少数のライダーの体験でしかありませんでした。しかし、少しでも多くの人にこのたのしみを感じてもらうべく、片岡の制作フレームがほぼそのままの状態で生産できるように生み出されたのがBasic FRだったのです。その最初の販売が正に92年でした。

 

こうして21年を経た今まで現役で走り続けていた一台をこれからも走れるようにメンテナンスを始めました。

長い年月を経てそれなりの年季は入っているものの、フレームは基本的には何ら問題の無い状態。曲がったホイールを交換し変速レバーも調子が悪かったので新しいものへと交換、諸々消耗品も新しくして、当時の走りを蘇らえさせることが出来ました。

曲がっていたリムと記念撮影。

Basic FRもいつも設計を見直し常に深化しているため、92年モデルは少し現行モデルとは異なる面持ちです。当時は、フォークがタンゲ・リッチーロジック製(フレームもタンゲ製チューブを使用)でした。(現行モデルはこれを基にさらにビゴーレの乗り味を出すためのオリジナルチューブを使用)

また、ロード用のシートピンを用いたり(日本のようなフィールドのクロスカントリー用に開発していたのでさほどシートの上げ下げは無く、クイックレバーの必要性が低かった)、開発当初から必要以上にゴテゴテせず”Less is more“の精神にて設計していました。

ワイヤの取り回しも気を配り、フレーム剛性を下げない位置にワイヤ固定パーツを取付けたり、微細な事ですが実戦でも十分に戦えるもとのとしてこれまでの経験をふんだんに盛込むべく日夜問わず設計していた事を思い出したと片岡。

ヘッドマークやビゴーレロゴも現状とはちょっと異なっています。

これまで一本ずつ自身で作っていたものを工場で作る為にそれぞれがどのように実現出来るか苦心した結果、オリジナルと同等のものを生産出来るようになり、その性能の証として初期のモデルには”Made by Kataoka”のサインがフレームに記されてます。

 

こうして仕上がったBasic FRを元のオーナーに返すのですが、実はこの自転車はお母さんが当時乗っていたものを息子さんが引き続き乗り継いでいくことになりました。
引き取りに来られたとき、外は雪が吹雪いていたため室内でまずは一緒に最終点検。一般的には新しい自転車が欲しいものですが、どうもこの 自転車を気に入ってくれたようです。そのハンドルを握る手はすぐにでも乗りたそうでした。

 

こうして、お母さんの青春時代を一緒に駆け抜けた一台のビゴーレが、また新しい青春と共に新しい人生を踏み出す一日となりました。

 

モノの消費サイクルがだんだん短くなってきているこの時代ではありますが、乗れなくなったら使い捨てるのではなく、直してでも乗りたいと思ってもらえる自転車であるためにも、自転車そのものがその事に応えられるように一台一台がんばって作っています。ベーシック・エフアール、ビゴーレがいっぱい詰まった一台だからこそ、これからも乗り続け、乗り継いでもらい、作り続けていきます。

 

ビゴーレのクロモリ製マウンテンバイク、Basic FR (ベーシック・エフアール)について詳しくはこちら→

Basic FRの購入は京都本店、東京POTAVEL または、ウェブ・ストアにてお願いします。ウェブ・ストアはこちら→

ビゴーレ・バイシクル・ラボ。
ここは、ビゴーレの代表でビルダーでもある片岡の実験室。新しいアイディアを一度自分の手で形にしてその性能を確かめる、ビゴーレの自転車が世に放たれる前のビゴーレで溢れている場所である。

ラボの入口には、いつまでも初心を忘れないためにレースの時に使用していたバナーが掲げられている。

 

壁には、歴代ダブルサスのフレームと工具。これまでのノウハウを確かめながら新しいアイディアへと投影させていく。

 

製作に必要な部品はシンプルに纏められている。その上には、いろいろなプロトタイプが。

 

一見古い工作機械が並んでいるが、昔の工作機械だからこそできる繊細な加工がある。
片岡の感覚を反映する大切な拡張身体である。

 

無いものはつくる。これは工作機械にも反映される。自由に回転する万力が欲しいから椅子と組み合わせてつくった片岡オリジナル万力台。

 

今、片岡の頭を悩ませている「新」モデルのプロトタイプ。はたしてどのような新しい自転車が生まれるのか、スタッフも楽しみにしている。

 

ラボにはストックヤードもある。これらは全部片岡のつくったフレームの分身であり、それも厳格にビゴーレ品質を維持している。

 

こうしている間にも、片岡は作業を始めてしまった。。

JIKUのコラム『まじめにモノづくり』の第二回を更新しました。今回は、京都を拠点に世界で活躍されているTEAMKIT(チームキットジャパン)を主宰されている加藤氏にスポットをあてた、「モノのアジ」というテーマ。加藤氏のブランド「KATO`」は、ジーンズに合う服づくりをされており、そこでは服を「道具」として開発されています。そこで重きを置かれているのが長く使ってもらうための工夫です。使い捨てではなく、使っていくうちに自分のものとなる「道具」となるために素材開発から行っておられます。今回、トップに掲載させてもらった写真は、加藤さん自身がはかれていたジーンズ。新品が良い時代に使い込んでこそその価値が分かる物づくりには感服するとともにビゴーレのモノづくりとしても共感します。

 

アトリエでの加藤氏。普段は温和な雰囲気の加藤氏も仕事の現場では一気に意識が集中するのが端からみていてもわかるほどでした。
使い込む事によって、モノが痛むのではなく、その「朽ち」様が「アジ」となるモノづくり。言葉で言うほどそう単純なものではないです。糸からそれらを作り出す織機にいたるまで意識し、すべての工程において管理していくTEAMKITの仕事は、表層だけのものではない真の「モノをデザイン」を実践されてました。

 

アトリエの方々に試験的に制作されたサンプルが所狭しと並んでいます。素材の質感だけでなく、その素材をいかに活かしたものができるかを日々検討されているのが加藤氏の説明を交えながら一点一点を見ていくとよく分かりました。そのいろいろな仕掛けは、決して目を引くだけの奇をてらったものではなく、派手さはなくとも着続けてもらうための作り手の実直さが見えてきます。かといって野暮ったい訳でもなく、とてもセンスよく見た目もまとまっています。
さら(新品)のときにはその違いは分かりづらいかもしれません。でも使っていくうちにその価値が見えてくる。愛着のわくモノづくり。使い捨てのこの時代に新品の状態での評価しか見えづらい中でなかなかこのようなモノづくり、またそのものづくりから生み出されるものに巡り会えないような気がします。

 

最後に加藤氏と片岡の2ショット。ジャンルは違えど二人ともモノづくりに対する思いの強さをその笑顔の瞳の奥に感じました。
いろいろなものが安く、すぐにできてしまう中で、人のためとなる少しでも良いモノづくりをお互いに進めていければと思います。

今回のコラムの詳細は、 →こちら。
加藤氏のブランド「KATO`」については、→こちらから。

実は、今年の春から、デザイン総合誌のAXISさんのサイト、JIKUにてコラム連載を始めております。
タイトルは『まじめにモノづくり』。京都をはじめ、VIGOREと縁深いもしくは共鳴する人、モノ、場所を取り上げ抵抗という企画。
とはいうものの、まだそんなに連載を進められておらず、今回ようやくの第二回、「モノをえらぶ。」というテーマにて京都嵯峨野で展開する鳥澤ブルース・リー氏の筆箱を取り上げました。
コラムについては、→こちらへ。
VIGOREバイクの嵯峨野でのPR用の撮影後に、アトリエ兼ギャラリに訪問しました。私たちの訪問時には奥で画面に向かって考え事のブルースさん。

 

モノづくりについていろいろな話をした後にコラム用の撮影を開始。

ギャラリの作品の順番/レイアウトを再度見直して、より写真映えするようにと配慮いただきました。でも、全体を映せるように広角レンズで撮ったので、ブルースさんの細やかな配慮が‥。もちろん、効果的に働いています。↓

 

こんなかんじで。。

できれば、ブルースさんの写真も撮りたいと伝えたところ、こんな風に撮ってとのリクエスト。それは、コラム本編で確認を。

 

ブルースさんも片岡同様、凝りだしたら止まらないタイプ。写真撮影もいろいろ興味深そうなので、今回は、ブルースさんにカメラを預けて思うように撮ってもらうようにしました。
それで、一番時間のかかったのが自転車とピープル(ブルースさんの筆箱)とのコラボ写真。店内に自転車をおくと白々しすぎるので店先に自転車をおいての撮影ですが、店内と外との光の差が大きくなかなかうまく撮れません。同じようなアングルからカメラの設定を何度も変えての撮影が延々と続きました。。

 

アングルもいろいろ気になりだして、
店先に脚立をおいて撮影もはじまってしまいました。

 

さらには、道路の向かいから。

 

そして、下から。
約5時間、こうかな?とみんなで悩んだ撮影会で撮ったコラボ写真は、結局本編では、内容とちょっと外れるので一枚も採用せずとなってしまいました。。でも楽しい一日を過ごせました。

京都の嵯峨野に赴く際には、一度ブルースさんのギャラリに足を運んでみてください。

鳥澤ブルース・リー氏のサイトは、こちら
これから不定期にこのコラムも更新していきますので、ほどほどの期待感をもっておつきあいください。

  • back to Index
  • Next

↑ 上にもどる