What's Hot !

category「山と旅の自転車プラス」の記事一覧

 

 

この度、『山と旅の自転車プラス』をSHIMANOのDi2※コンポーネントで組みたいとのお客様のリクエストがありましたので、ここでご紹介させて頂きます。

 

※通常、自転車の変速は金属製のワイヤーをレバーで引いて変速を行うのですが、このSHIMANOの「Di2(デジタルインテグレーテッドインテリジェンス)」とは変速操作を電気信号にして変速するコンピューター制御システムの事をいいます。簡単にいえば電化製品の様にレバーのボタンひとつを押せば正確に変速をコントロール出来るというもの。

 

 

今回はご自分で完成車に組み上げるという事でしたので、「フレーム+フォーク」でのご購入でした。

そして早速ご自分で組み上げられたという事で自転車を見せに来て頂きました。

 

 

中学生の時に乗らなくなったお父様のクロスバイクを乗るようになったのがきっかけの彼。

 

本格的に自転車を始めたのは、大学生になりアウトドアサークルに入ってから。シクロクロスバイクを購入して北海道を3週間旅したそうです。

 

その後にカーボンロードバイクを購入したが、ビゴーレのクロモリバイクを購入した大学の後輩のバイクを見てクロモリフレームに興味が湧いたそう。

 

そしてビゴーレで自転車をオーダーする事を考え来店した際に『山と旅の自転車プラス』と出会う。この頃に希望だった「Di2仕様」の加工が『山と旅の自転車プラス』で対応可能という事を知り購入を決意。

 

今回Di2加工でこだわったところはバッテリーの収納場所、見た目がスッキリするのと山の中で断線させたくないというご希望でシートチューブ内に収納出来るように加工しました。

 

この方のリクエストは”Di2専用フレーム”という事でしたので、ワイヤー変速関係のフレーム小物は全て削除しています。

 

 

 

 

 

700cのホイールを2セット持っているので、ロードタイヤをつけている方はオンロードツーリング用に、グラベルタイヤの方は林道用に、と使い分ける予定だそうです。

 

 

こちらのフレーム+フォークで加工代・オーダーフレームカラー(しるしカラー)代込みで180,360円(税込)でした。

 

 

今回のように紹介していない弊社フレーム加工などの受け付けていますので、何か不明点やご質問などがございましたらお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

16年程以前にエンデューロや耐久レースなどに参加されていてお客様、
そのお客様の娘さんがそろそろスポーツ車に乗れるようになってこられたという事で、この度、娘さん用に『山と旅の自転車プラス』をご購入いただきました。
 
 
 ↑納車当日、お父様もご自分のマウンテンバイクを持って来られて、娘さんに乗り方の指導をされていました。
 
 
 ↑現在は京都の鴨川などを一緒に走られているそうで、ゆくゆくは家族4人で琵琶湖1周に行くのを楽しみにされているという事でした。
 

 ↑今回、納車した娘さんの『山と旅の自転車プラス』(右)はグレードTS(SHIMANO  105)/オイルディスクブレーキ/700cホイール仕様/Sサイズ(450mm)。
 
 
 
納車はGW前でしたので、お休みはどこかに走りに行かれたのでしょうか?
これからは自転車の良い季節になりますので、また一緒にこちらの店舗にも寄って下さいね。
 
 
今回納車した、
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

『山と旅の自転車プラス』の完成車はウェブストアで販売していましたが、この度ウェブストアでそのフレーム+フォークの販売も開始しました

 

 

(画像クリックでフレーム+フォークのストアページへ)

 

 

このフレーム(自転車)はMTBホイール(650b)ロードホイール(700c)の両サイズのホイール兼用設計になっており、ホイールを履き替える事によって様々なシチュエーションを楽しめる自転車になっています。

 

ストアページの下の方には、フレームカラーやロゴマークを選べるオプションも用意していますので、自分だけの1台を作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

『山と旅の自転車プラス』は以下のフレーム3サイズをご用意しております。

 

↑Sサイズ(450mm)/適合身長:150cm〜168cm

 

↑Mサイズ(510mm)/適合身長:165cm〜175cm

 

↑Lサイズ(540mm)/適合身長:172cm〜188cm

 

 

『山と旅の自転車プラス』フレーム+フォークのウェブストアはこちらより→

 

『山と旅の自転車プラス』完成車のウェブストアはこちらより→

 

 

『山と旅の自転車プラス』フレーム+フォークに関しまして、不明点やご質問などがございましたらお問い合わせよりお気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

 

今年3月の発売開始以来、こちらの店舗やお問い合わせで好評いただいている「山と旅の自転車プラス」

そのウェブストアページがやっと完成しました。

 

 

(↑画像クリックで「山と旅の自転車プラス」ストアページへ)

 

 

ご購入に関しましては出来ればご来店していただき、試乗車(現在、全3サイズの試乗車を用意しております)を試乗していただくのがベストかと思いますが、仕様詳細やサイズ等で不明点があるという方はできる限り回答・アドバイスさせていただきますので、こちらよりお問い合わせ下さい。

 

段々と走るのに気候も良くなってきました。

旅に、日々の生活に、この「山と旅の自転車プラス」を是非ご検討下さい!!

 

 

「山と旅の自転車プラス」ウェブストアはこちらより→

 

「山と旅の自転車プラス」の詳細についてはこちらより→

 

 

 

 

 

 

 

 

『山と旅の自転車プラス』の記念第一号車を納車させて頂きました。

 

※グレードはTS(SHIMANO 105コンポーネント)のオイルディスクブレーキ/700cホイール仕様です。

 

 

関東から購入しに来てくれた学生の彼、

今年の夏休みを利用して四国をツーリングしようとクロモリフレームの自転車を色々探しておられ、まだこの自転車の情報をあまりお知らせしていなかった去年12月にこちらの店舗に来店頂き、『山と旅の自転車プラス』をご予約頂きました。(この時はまだモデル名も決まっていませんでしたが。。)

この自転車のコンセプトと自身のツーリングがメインという使い方が合った事でご購入を決めて頂いたようです。

そしてご予約から約3ヶ月、、ようやく納車となりました。(たいへんお待たせしました!!)

 

 

どのVIGOREの自転車もそうですが、納車時に最後のサイズフィッテングをさせて頂きます。店舗付近を軽く走ってもらってこれから自分の身体の一部となる自転車のサドルの高さやハンドルポジションを最後に点検・調整しお渡ししております。

(画像からも分かりますが、高身長の為に彼の場合は一番大きなサイズ(540mm)になります。)

 

 

この日、彼は九州のお爺様の所まで電車で自転車を持って帰るとの事でしたので、店舗で輪行バッグに自転車を詰めるのを少しお手伝いさせてもらい、最寄りの駅から帰って行かれました。

 

 

 

 

 

 

この自転車でまずは九州を走り回り、そして湘南の自転車道も走ってみたいそうです。

 

この日の夜に無事到着したという連絡を頂き、スタッフ一同ほっとしました。

そして早速次の日にはどこかに走りに行く予定だという事でした。

 

どこかにツーリングに行かれた際は、またお話しを聞かせて下さいね。

 

 

これまでに『山と旅の自転車プラス』をご予約頂いたお客様の自転車も随時組み立てしていきますので、納車までもう暫くお待ち下さいませ。

 

現在、各サイズ試乗車を用意してお待ちしておりますので、是非こちらの京都本店にご来店下さい。

 

 

 

 

 

早速、この『山と旅の自転車プラス』を今日(3/2)明日(3/3)と大阪の万博記念公園で開催されているサイクルモードライドでBROOKSのブースにてサドルの見本完成車として展示させて頂いております。

 

 

↓開場前のセッティング風景。

 

↓新しく発売されるBROOKSのカンビウムサドル(C13)とカンビウムバーテープをアッセンブルして展示しています。

 

↓この新しく発売されるカンビウムサドル(C13)、カーボンレールで非常に軽量で大変美しいデザインに仕上がっています。

 

 

 

 

開場後はたくさんの方が『山と旅の自転車プラス』をチェックされているという情報があり嬉しい限りです。

 

もしサイクルモードに行く予定の方がいらっしゃいましたら是非実車をご覧頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

これまでWhat’s Hot?で紹介してきました新しい山と旅の自転車のモデル名がやっと決定しました。

 

『山と旅の自転車プラス』

 

この『山と旅の自転車プラス』は、これまでの第一弾「山と旅の自転車」、第二弾「新・山と旅の自転車」に続く第三弾のモデルになります。

 

ホイールサイズを選ぶことによって、この一台で全てを叶えられる、まさに研ぎ澄まされた十得ナイフに仕上がりました。

 

詳しくはまたお知らせしますね。

 

 

 

 

 

  • back to Index

↑ 上にもどる