What's Hot !

category「山と旅の自転車プラス」の記事一覧

 

 

「山と旅の自転車プラス」のフロントフォークは標準ではオリジナルのクロモリ製のフォークをアッセンブルしています。

クロモリ製ではなくてカーボン製のフォークを使った方が重量が軽くなるのに、と思われるかもしれません。

 

↑標準のクロモリ製のフォーク仕様の完成車(フレームサイズ:510mm)

 

 

荷物を多く搭載したり、トレイル( 林道、砂利道、登山道など)をカーボン製のフォークで走るとハンドリングのバランスが悪くなり安定して走れない場合があります。

なので、マウンテンバイクの「Basic FR」をベースに開発したこの「山と旅の自転車プラス」はそのような場合でも安全かつ快適に走破出来るようにあえてクロモリ製のフォークをアッセンブルしているのです。

 

要はバランスなんです。

どこをどう走るか、それを合わせないと快適に走れません。

日本のフィールドでそのような状況を考えた場合、私達が乗りやすい自転車というとそうなるんです。

 

「山と旅の自転車プラス」は(VIGOREの全ての自転車にも言える事ですが)ただ軽さだけの追求ではなく、しっかりと乗り手の力を前に進む力に変換出来るように綿密に考え抜いた素材(パイプ)の径と厚みのバランスを考え、競技車の製作で培った経験とノウハウを活かして、”踏んで進む”フレームとフォークの設計にしてありますので荷物を積んでも積まなくてもクロモリ製のフォークでも軽快に乗ってもらえます。

 

また、クロモリ製にする事によって耐久性がありますので永く乗ってもらえるかと思います。

 

 

ただ、

この「山と旅の自転車プラス」をお選びいただく方々の中には、そんなに荷物を積んだり、トレイルなどを走る予定はないという方もいらっしゃいます。

自分は舗装路しか走らないので、自転車にあまり荷物を積まず、700cホイールに細めのタイヤ(28c幅前後)で比較的軽快に走りたい、という方にはカーボン製のフォークもオプションで用意してあります。

 

「山と旅の自転車プラス」は、650bと700cの2種類のサイズのホイールどちらも付けれる兼用設計になっています。

 

 

 

↑オプションのカーボンフォーク(One by ESU/OBS-RBD-TH 700c ロードベンドディスクスルー)

 

 

↑シンプルなベンド形状にオフセット変換可能なデュアルオフセットシステム

 

 

↑最大装着タイヤ幅:700×42c・650×42B(上画像のタイヤは700×32cです)

 

 

 

「山と旅の自転車プラス」完成車もしくはフレーム+フォーク、いずれの場合でも価格は+40,000円(税抜)でこのカーボンフォーク仕様に変更可能です。

高速走行から旅仕様までマッチする「山と旅の自転車プラス」のカーボンフォーク仕様も是非ご検討下さい。

 

 

↑カーボンフォーク仕様の完成車(フレームサイズ:450mm

 

 

 

あともう一つ、

こちらのSHIMANO XTのフラットペダル(PD-M8140)もこちらの店舗では人気です。

ペダルの踏み面が広く、またピン(長さの違う替ピン付き)が多く配置されているので、シューズがペダルにグリップし未舗装路や下りでずれにくく非常に安定します。また、耐久性・高い精度・スムーズな回転の全ての面で性能の良いペダルで、街乗り・トレイルライド・旅まで幅広く使えます。こちらは+6,800円(税抜)でGRX810グレードの標準完成車仕様より変更可能です。 

 

  

今回紹介したカーボンフォークとペダルのオプション、ビゴーレ・ウェブストアには載せていません。

もし、ビゴーレ・ウェブストアでご希望の方がいらっしゃいましたら、商品をご購入後にカートを進んだところにあります「備考欄」にその旨をご記載いただくか、こちらまで別途メール頂きましたら、対応させて頂きます。

また、この他にもご希望がありましたら別途対応させて頂きますので、お気軽にこ連絡ください

ご来店にてご購入の場合はその旨をスタッフまでお伝え下さい。

 

 

 

↓「山と旅の自転車プラス」完成車のウェブストアはこちらより

 

 

↓「山と旅の自転車プラス」フレーム+フォークのウェブストアはこちらより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビゴーレ・ウエブストアや弊社ホームページの「山と旅の自転車プラス」のバナー画像などで紹介しているパールイエローカラーの「山と旅の自転車プラス」の完成車があるのですが、以前からそのパールイエローカラーは人気があり何台かはお客様に納品させて頂いていました。

 

そして、このあいだそのパールイエローの「山と旅の自転車プラス」を同じ時に2台オーダー頂きましたのでご紹介します。

 

 

 

まず1台目。

コンポーネントはロードパーツの105、ホイールは700cサイズ、タイヤはGravel Kingの700c×28cで主にオンロード仕様です。

 

 

 

そして2台目。

コンポーネントはGRX600、ホイールは650bサイズ、タイヤはGravel Kingの650b×1.75インチでのんびりサイクリングから林道まで走れる仕様です。

 

 

ちょうど店の展示車と3台揃ったので店内で一緒に。

 

 

このパールイエロー、画像では分かりにくいのですがその名の通り真珠のような光沢を持ち非常に高級感のある仕上がりになっています。

 

「山と旅の自転車プラス」のようなツーリングやグラベルバイクのジャンルの自転車のフレームカラーはアースカラーやナチュラルカラー系などの地味目のカラーが多いイメージですが、このようなはっきりとしたフレームカラーも山など自然の中では映えるんではないでしょうか。

 

 

 

今までビゴーレ・ウェブストアでこのパールイエローのフレームカラーオプション項目は無かったのですが、今回「山と旅の自転車プラス」完成車フレーム+フォークページに追加しましたので、もし気になっていた方がいらっしゃいましたら是非ご検討下さい。

 

 

そしてホームページでこのイエローパールの自転車に貼っていたブルーのロゴ、これもビゴーレ・ストアのロゴオプション項目に載せて無かったのですが、これと他2色(黒赤・ゴールド)も同ページに追加しましたのでこちらも是非ご一緒にどうぞ。

 

 

 

 

「山と旅の自転車プラス」完成車のビゴーレ・ウェブストアはこちらより↓

 

 

「山と旅の自転車プラス」フレーム+フォークのビゴーレ・ウェブストアはこちらより↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近組み替えのご依頼をよく頂いていて、

今回は「クロモリ・レーサー」「山と旅の自転車プラス」への組み替えを紹介します。

 

 

まず1台目。

この方は高校の時、自転車競技部に入られていて、高校卒業の際にこのカーボンフレームの自転車を買われたそうです。

↑組み替え前

 

そして約10年程乗り続けて、最近はカーボンフレームの自転車だとなんだか早く走らないといけない気がして、そうじゃない一日を自分のペースで過ごせるクロモリのフレームを探されていたそうです。これからはこの「クロモリ・レーサー」を休日のリフレッシュの為に使っていきたいとの事でした。

↑組み替え後の「クロモリ・レーサー」

 

 

 

そして2台目。

以前の購入されたシクロクロスのようなグラベルロードバイクのような自転車。(この頃はまだはっきりとした定義がありませんでした)

↑組み替え前のフレーム

 

デザインや乗り味も含めて自分のライフスタイルに合った自転車を探されていて、この「山と旅の自転車プラス」に組み替えをされました。

毎日の移動にも使い、いずれ旅にも出てみたいとの事でした。

↑組み替え後の「山と旅の自転車プラス」

 

 

 

 

このお二人以外にも共通する事なんですが、少し前から(ご時世もありますが)一人でのんびりマイペースで走りながらその日を楽しむという方が多くなってきてます。

以前と走り方が変わったら自転車(フレーム)もそれに合ったものの方が乗っていて楽しいですからね。

 

今回紹介した2台の組み替え、パーツはなるべく付いてるものを使って組み替えしたいというリクエストで、フレームをご購入いただき、こちらで組み替えという内容でした。

 

ビゴーレのフレームは弊社のビゴーレ・ウェブストアでも販売していますので、組み替えなどの際には是非ご検討下さい。

 

 

 

ビゴーレ・ウェブストア「クロモリ・レーサー」フレーム+フォークはこちらより↓

 

ビゴーレ・ウェブストア「山と旅の自転車プラス」フレーム+フォークはこちらより↓

 

 

 

今持っている自転車をビゴーレに組み替えたいけど、どれくらいのパーツが流用出来るか分からないという方がいらっしゃいましたらこちらの京都本店までお持ちの自転車を持ち込んで頂きましたらお見積もりさせて頂きます。

 

また、京都本店に行く時間があまりない、遠方なのでとりあえず見積もりをしたい、という方はこちらのメールよりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

最近よく聞く「グラベルロードバイク」、

舗装路も未舗装路も両方走れるロードバイク、って印象だと思います。

 

グラベルロードバイクは、700cホイール(ロードホイール)でヨーロッパの広大な砂利道などの未舗装路(グラベル)を早く走る為に開発された自転車。

 

VIGOREの「山と旅の自転車プラス」も見た目はグラベルロードバイクとよく似ているのですが、成り立ちが違います。

 

今回は少しその話を。

 

 

まだ日本で郊外へ出る道が舗装されていない頃、サイクリングといえばランドナー(標準装着ホイール:650b×42c)という日帰りから数日間の自転車旅向けの自転車が使われていました。

↑VIGOREランドナー(キャンピング仕様)

 

 

そして徐々に道が舗装され、次に出てきたのがスポルティーフ(標準装着ホイール:700c×32c)という車種、スポルティーフはフロントバッグやサドルバッグを装備して主に舗装路のサイクリングを楽しむものでした。

↑VIGOREスポルティーフ

 

 

片岡も1960年代から1970年代にかけてはランドナーやスポルティーフで京都の北山を走り回っていました。

どちらもツーリング車(サイクリング車)であって、レース車ではなかったんです。

その日やその旅行を楽しむ自転車だったんですね。

 

しかし、日本では1980年代以降、一般道路の整備に伴い普及したロードバイクと、山道走行に特化したマウンテンバイクの出現で、ランドナーやスポルティーフは衰退して行きました。

VIGOREもその時代の遊び方や路面状況に合わせロードバイクやマウンテンバイクを開発・販売してきましたが、その両方とも競技(レース)志向が強くなりレースマンがレースで勝てる自転車の設計へと変化していきました。

そんなレース主体の時代が約20年間続き、VIGOREもレース(ロードバイク/ダウンヒルマウンテンバイク/トライアスロンバイクなど)で勝てるバイク作りに没頭していました。

 

 

そんな時、少し立ち止まって自転車本来の楽しみを考え直し、当時ランドナーやスポルティーフを乗って1日楽しんで走っていた頃の楽しみ方が出来る自転車を今のパーツを使ってもう一度作ろうと思い、今から7年前の2013年から開発を進めたのが「山と旅の自転車シリーズ」なんです。

 

 

↑VIGORE「山と旅の自転車プラス」

 

 

まず「山と旅の自転車シリーズ」のベースとなったのが、現在でも販売しているクロモリ製クロスカントリー用マウンテンバイクの「Basic FR」。

 

山の中でのロードバイクを目指して開発したこの「Basic FR」、日本やアメリカの山を走り回ってノウハウを貯めた「Basic FR」はクロスカントリーとしての本来の乗り方以外にも、フリーライド、街乗りは元より本格的ツーリングバイクと様々な用途を満たす自転車となり、”自転車に乗る楽しみ”をコンセプトにした「山と旅の自転車シリーズ」を開発するうえでベース車にするのにはぴったりでした。

「Basic FR」誕生物語(全4回)はこちらより→

 

 

↑MTBのレース自体が出来る前のMTBドロップハンドル仕様(1988年)

当時はこんな自転車で山の中を走り回っていました

 

 

ヨーロッパのような広大な土地を走ろうと思えばグラベルロードバイクでもいいと思います。

でも日本で走るフィールドはそれとは違いますし、体格も欧米人と違います。

日本で走れる未舗装路といえば、林道や山道など。

海外の永遠に続くようなグラベル道はなかなか私達の住んでいる近場にはない事が多いんじゃないでしょうか。

 

日本人の脚質や日本のフィールドに合わせた自転車をコンセプト(VIGOREのバイク全般に言える事ですが)に完成した自転車が「山と旅の自転車プラス」。(現在販売している「山と旅の自転車プラス」は山と旅の自転車シリーズの第三弾目になります。)

 

だから、

「山と旅の自転車プラス」と海外発祥のグラベルロードバイクは似てそうですが少し違うんです。

 

 

↑京都の北山で「山と旅の自転車プラス」の試走風景

 

 

結局どんな自転車を目指したかというと、

『中速程度の走行時に心地良く、かつよく進み、そして荷物を積載した時に荒れた路面でもバランスよくハンドリングが安定する独自設計のオールクロモリ製のサイクリング車』

というところでしょうか。

 

もちろん、乗り心地や仕様にこだわったポイントはたくさんあるので、それについては以前に”What’s Hot”で書いた「山と旅の自転車プラス」開発記でご覧ください。

 

 

そんな「山と旅の自転車プラス」を、

普段の生活に、のんびり日帰りツーリングに、キャンプ道具を積んで自転車旅に使って下さい。

その移動や、その旅、その日を存分楽しめ、色々なシチュエーションでよく走る自転車を作りました。

普段着ているような服装でそのまま気軽に乗ってもらってもいいと思います。

 

気が向いた時、思いついた時が、あなたの旅立ちとなる為に、

ビゴーレが提案する旅のための、そして毎日のための自転車、

愛着を持って末長く付き合えるパートナーとして「山と旅の自転車プラス」を是非。

 

 

↑京都の賀茂川河川敷にて

 

 

 

ちょっと文章が多くなってしまいましたが、実際に自転車を試乗していただくと分かりやすいと思います。

こちらの店舗には全サイズの試乗車を用意していますので、是非ご来店下さい。

 

 

 

 

↓遠方でなかなか京都まで行けないという方には「山と旅の自転車プラス」のウェブストアも用意してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

山と旅の自転車プラスは、中速程度で1日走っていられるサイクリングに適したポジションを取れる自転車なのですが、その乗り方も色々あるようで、出来上がる自転車も色々です。

 

 

特にタイヤ選びは大事で、先日納車させていただいた「山と旅の自転車プラス」の3台それぞれのタイヤの選択が興味深かったのでご紹介します。

 

 

 

PANARACERのGravel King SS 700c×43cのタイヤを付けたGRXコンポーネント仕様。

このタイヤはセミスリックタイプ(センターがスリックパターンでサイドが低いブロックパターン)。走る場所が郊外のラフな道は多いのと、少し体格もあり体重もあるのでクッションのある乗り心地を希望されこの太めのタイヤを選ばれました。

 

 

PANARACERのGravel King SK 700c×32cのタイヤを付けた105ロードコンポーネント仕様。

このタイヤはセミノブタイプ(低いブロックパターン)で、主に普段の生活で使い、旅にも行きたいという事でオンロードでもオフロードでも自由に快適に走れるオールマイティーなこのタイヤを選択。このタイヤだと旅先で不意に砂利道が出てきても大丈夫ですね。

 

 

PANARACERのGravel King 700c×32cのタイヤを付けた105ロードコンポーネント仕様。

このタイヤはスリックタイプ。舗装路やサイクリングロードを主に走っておられ、現在お持ちのロードバイクよりは少し太めのタイヤで安定感が欲しいという事でこのタイヤを選択されました。

 

 

こうみるとなるほどと思いますよね、

みなさん自分の走るシチュエーションに合わせて自転車やタイヤを選ばれています。

これって結構重要な事、

自転車が自分の走り方に合っていると1日中走り回っても楽しいものなんです。

 

 

今回の3台は全てホイールのサイズは700c(ロードホイール)でしたが、この「山と旅の自転車プラス」は700cと650bの兼用設計になりますので、普段の生活で気軽に乗りたい方や乗り方がもっと未舗装路中心になる方、より多くの荷物を積んでツーリングをするという場合は650b(MTBホイール)も装着可能ですので。

 

 

自転車に乗りたいけど、どんな自転車を選んだら良いか分からないという方も多いと思います。

そんな時はご来店時にどのようなシチュエーション(路面・距離)をどんなふうに乗りたいか、を教えていただければそれに合った組み合わせを提案させて頂きます。

こちらの店舗には、各車種の試乗車を用意してますので色々乗り比べてみて下さい。

もちろん電話でもメールでもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

今回紹介した「山と旅の自転車プラス」のウェブストアはこちら↓よりどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの店舗にある「山と旅の自転車プラス」の2台の試乗車を特別価格にて販売致します。

 

 

まず1台目、フレームカラーは黒のツヤあり。

↑「山と旅の自転車プラス」/グレードe(SHIMANOクラリス)/フレームサイズは450mm(Sサイズ)/700cホイール/ワイヤーディスクブレーキ仕様

価格:196,130円(税込)→169,000円(税込)約13.5%OFF!!

身長150cmぐらいから168cmぐらいまでの女性や小柄な男性に合うサイズになります。

 

 

 

 

この自転車にはオプションでサブブレーキレバーが付いています。

 

 

この自転車の構成パーツなど詳細に関しましては、こちらのページのグレードe項目をご覧下さい。

 

本完成車のビゴーレ・ウェブストアでのご購入はこちらより→(11日中にストアオープンです)

 

 

 

 

 

そして2台目、フレームカラーは白のツヤあり。

↑「山と旅の自転車プラス」/グレードe(SHIMANOクラリス)/フレームサイズは565mm(LLサイズ)/700cホイール/ワイヤーディスクブレーキ仕様

価格:211,970円(税込)→183,000円(税込)約13.5%OFF!!

180cm以上の高身長の方や外国の方に合うサイズです。

 

 

 

ロゴはオプションのゴールドカラー。

 

サドルはBROOKSのCambium C17 Organic LightのBrownカラー。

独特の柔軟性があって、防水加工がされている為に、普段使いからツーリングまで幅広く使えるサドルです。

 

この自転車にはちょっと変わったコットンバーテープ を巻いています。

『MAJIKAO』という京都のブランドの『HAURA』というモデル名のもので、服をお洒落して楽しむ感覚で、自転車を粋でモダンにさりげなく着飾りファッション感覚で楽しんで欲しいという提案で、京都で150年以上の歴史のある羽裏(着物を着た上から着る羽織の裏生地)文様をデザインソースとしたバーテープになります。

この柄は「鯉づくし」というもので『HAURA』バーテープは全4パターンを展開しています。弊社でも取り扱いがありますので、在庫の有無などはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

この自転車にはオプションでサブブレーキレバーが付いています。

 

この自転車の構成パーツなど詳細に関しましては、こちらのページのグレードe項目をご覧下さい。

※標準仕様とは、サドル・バーテープ ・ロゴカラーが異なります。

 

本完成車のビゴーレ・ウェブストアでのご購入はこちらより→(11日中にストアオープンです)

 

 

 

 

この2台の自転車はこちらの店舗では販売しておりますが、もし購入希望の方や気になるという方がいらっしゃいましたら通販可能ですのでこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

また、こちらの店舗までご来店いただきましたら、試乗車の場合は試乗して乗り心地を確認してからのご購入も可能です。

 

ビゴーレ・ウェブストアでも購入出来るように、現在準備中(11日中にストアオープン予定)ですのでもうしばらくお待ち下さい。

(準備出来次第こちらでお知らせさせていただきます。)

↑ストアオープンしました!

 

 

ビゴーレ・ウェブストア/一品もの(完成車)のページはこちらより→

 

 

「一品もの」とは、

ビゴーレがこれまでBasicFR、CrMo Racerなどのフレームをベースにプロトとして変更を加えたり、アッセンブルした(組んだ)もの、また展示用として組んだ、正に世の中に一台しかないビゴーレ。 スタイルやカラーが珍しいもの、整備済品としてリーズナブルにご提供出来るもので、原則、限定一台ものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、こちらの京都本店では「山と旅の自転車プラス」の試乗が増えています。

 

のんびりツーリングや旅の手段としての自転車を探されている方が増えてきているように思います。

 

 

このツーリングバイクの「山と旅の自転車プラス」と、ロードレーサーの「クロモリ・レーサー」とで悩まれる方が結構多く、実際に両方のモデルを乗り比べていただくとその違いを分かっていただく事がほとんどなのですが、簡単に言葉で説明すると、

・マイペース(中速程度)で一日サイクリングを楽しみたい   → 「山と旅の自転車プラス」

・ある程度のスピードで舗装路を中〜長距離を走りたい   → 「クロモリ・レーサー」

という感じでお勧めしています。

 

 

試乗される方の身長も色々なので、「山と旅の自転車プラス」ではフレームサイズは450mmのSサイズから565mmのLLサイズまでの計4サイズを用意しています。

※VIGOREのフレームサイズは”シートチューブ上面〜BB中心”のサイズになります。(それ以外の寸法はこちらのページよりご覧ください。)

 

 

 

よくお問い合わせいただく一番小さなサイズと一番大きなサイズの試乗車が今回用意出来ましたので紹介します。

 

 

↑これは一番小さなフレームサイズの450mm(Sサイズ)、150cm前後から168cmぐらいまでの女性や小柄な男性に合うサイズです。

他社メーカーではサイズが大きくて自分に合うサイズが見つからないという方にお勧めです。

 

 

 

 

↑そしてこちらは一番大きなフレームサイズの565mm(LLサイズ)、身長180cm以上の高身長の方や外国の方に合うサイズ。

このサイズが合う方はそんなにいらっしゃらないのですが、京都に住まれている外国の方々もよくご来店いただくので、ラインナップしています。

 

 

↑ちょっとバーテープ の紹介。

この565mmサイズの自転車に巻いている赤い柄のコットンバーテープ 、『MAJIKAO』という京都のブランドの『HAURA』というモデル名のもの。

服をお洒落して楽しむ感覚で、自転車を粋でモダンにさりげなく着飾りファッション感覚で楽しんで欲しいという提案で、京都で150年以上の歴史のある羽裏(着物を着た上から着る羽織の裏生地)文様をデザインソースとしたバーテープです。

この画像の柄は「鯉づくし」というもので『HAURA』バーテープは全4パターンを展開しています。弊社でも取り扱いがありますので、在庫の有無などはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

このように「山と旅の自転車プラス」150cm前後の方から180cm以上の方まで乗れる自転車になっています。

 

以下、「山と旅の自転車プラス」のフレームサイズごとの適応身長になります。

・Sサイズ(450mm) → 150〜168cm

・Mサイズ(510mm) → 165〜175cm

・Lサイズ(540mm) → 172〜188cm

・LLサイズ(565mm) → 180cm〜

 

 

今回紹介した2台も含めてこちらの店舗には「山と旅の自転車プラス」の全てのサイズの試乗車(650b・700cホイールとも)を用意していますので、是非ご来店下さい。

 

サイズなどに関しまして、不明点やご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

「山と旅の自転車プラス」完成車はウェブストアでも販売しております

 

 

↓今までにご購入いただいた「山と旅の自転車プラス」の投稿コーナーはこちらからご覧いただけます

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた『山と旅の自転車プラス』のお話です。

 

こちらの京都本店にはありがたい事にわざわざ全国からご来店していただくお客様も多数いらっしゃるのですが、なかなか京都まで行けないという方にはビゴーレ・ウェブストアという通信販売ページも用意しています。

 

 

今回は、そのビゴーレ・ウェブストアで北海道と九州からほぼ同時期に『山と旅の自転車プラス』をオーダー頂きましたのでご紹介します。

 

 

まずは、北海道からオーダーいただいた方。

ビゴーレ・ウェブストアの「一品もの」という私たちが提案用や展示用に組んだ完成車をリーズナブルに販売しているページがあるのですが、その中からの1台をご購入頂きました。

 

アッセンブルはSHIMANO 105ロードコンポーネント仕様、タイヤもリムもアメリカのWTBのもので本格仕様です。フレームカラーは「キャンバスホワイト」というオフホワイトのツヤ消しカラーで人気のカラー、バーテープ もフレームカラーに合わせてBROOKSのホワイトカラーを巻いています。ロゴも自転車の雰囲気に合わせてゴールドメタリックカラー。この自転車は「山と旅の自転車シリーズ」の発売当初のイメージモデルで、昨年Patagonia 京都ストアBrooksブースにて展示させていただいた実車になり、私たちも思い出深い1台でした。

こちらの自転車は提案用に組んだもので、その後は店内で展示車として置いていましたので少しお安く販売しておりました。

 

 

 

 

そしてもう1台は九州からオーダーいただいた方。

 

『山と旅の自転車プラス』の標準のGRX600コンポーネント仕様から、オプションでフレームカラーを「キャンディブルー小粒」、ロゴマークを「クロム」、サドルとバーテープ を「ブラウンカラー」を選択されました。GRXコンポーネント仕様の完成車の場合、油圧サブブレーキレバー(BL-RX812)は標準装備となります。

こちらはフレームサイズが450mmで、通常付属ステムが60mmなのですが、この方のご希望が80mmという事でしたので変更させて頂きました。また、こちらの完成車の商品ページにはタイヤの種類をお選びいただく項目はありませんが、この方も別途リクエストでタイヤをWTBのByway(650c×47c)にされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成車の発送に関してですが、基本的に前後ホイールとシートピラー(とサドル)を外して、上記のような形で梱包し発送しています。(フレームが小さいサイズの場合はシートピラーとサドルは付けたままにしています。)

自転車到着後に取り付けなどで不明点やご質問などがありましたらお気軽にご連絡下さい。

組み立てが不安な方には、箱から出してそのまま乗れる状態でも発送を行っています。その場合、送料は少し高くなりますが、カートを進んだ配送方法を選択する項目でお選び頂けます。

 

 

 

こちらの店舗にご来店していただくお客様はフィッティングや乗り方などのお話をさせていただいて仕様やサイズ等を決めて頂きますが、ウェブストアでも出来る限りの対応をさせて頂きます。

 

例えば、

・自分の乗り方に合ったお勧めの車種を教えて欲しい

・『山と旅の自転車プラス』でホイールを650bと700cのどっちかで迷っているなど

・ステム長を標準の物より長く(短く)したい

・右ブレーキレバーで前のブレーキが効くセッティングになるように組んで欲しい

・『山と旅の自転車プラス』完成車でホイールを2セット(650bと700c)購入したい

・ペダルは手持ちの物があるのでペダル無しでいい

・スペアのチューブを付けて欲しい

など。

 

このように迷っている点やビゴーレ・ウェブストアの商品ページには無いご希望などがございましたら、ビゴーレ・ウェブストアでのご購入前や後にこちらからご連絡頂ければご相談や別途対応させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

(実際、このお二方ともメールにて別途ご希望をお聞きし完成車の仕様を決めさせて頂きました。)

 

 

 

 

ビゴーレ・ウェブストアはこちらより↓

 

 

 

 

 

 

 

少し前のこと、今から40年前に京都でVIGOREのランドナーをご購入されたというお客様からメールがありました。

 

 

そのメールの内容は、そのフレームはサイクリング中の事故で折れてしまってそのまま破棄してしまい、それからは別のマウンテンバイクをクロスバイクに改造して乗っていたが、もう一度VIGOREの自転車をオーダーしたくなり、どのモデルが自分に合ってるか相談に乗って欲しい、というものでした。

 

 

私たちはそのお客様の乗り方(ポタリングやツーリング主体/中速程度で一日走行というイメージ)をお聞きし、モデルは「山と旅の自転車プラス」をお勧めしました。

 

 

ロードコンポーネント仕様にするかGRXコンポーネント仕様にするか、ブレーキのオイルタイプとワイヤータイプの特徴、お勧めのタイヤ、ホイールのアップグレードやフロントとリアのギア比のご希望などをメールでやりとりさせて頂き、お客様の「TPOでホイールを履き替えたい」というリクエストで、650b700cホイールの両セットで「山と旅の自転車プラス」を納品させていただくことになりました。

 

 

 

アッセンブルしたのはロードコンポーネント仕様のグレードTS(SHIMANO 105)のオイルディスクブレーキ仕様。

 

 

オプションでハンドル上部を持ち上体が起きた状態でもブレーキがかけられる油圧サブブレーキレバー(BL-RX812)を取り付けました。

(GRXコンポーネント仕様の完成車はこのサブブレーキレバーは標準装備になります)

 

 

ホイールは650b・700cとも乗り味が非常に軽く、かつ丈夫な『SHIMANO RX-570』にアップグレード。

タイヤは、700cは私たちがお勧めしている32c幅(スポルティーフの標準タイヤ幅)、650bはお客様がランドナーに乗られている頃に履いていたものと同じ38c幅をセッティングしました。この2セットのホイールがあれば色々なシチュエーションを楽しめそうです。

※「山と旅の自転車プラス」は650b・700cホイール兼用設計です。

 

 

このお客様はお住まいが関東ということでしたのでメールでやりとりさせて頂きましたが、こちらの京都本店にご来店いただきましたら、試乗車を用意していますので、試乗してもらいご希望の自転車を選んでいただくことが出来ます。

 

また、今回のように自分の乗り方に合ったモデルが分からない、ビゴーレ・ウェブストアに載ってる標準完成車とは違う仕様の完成車を購入したい、といった方がいらっしゃいましたら別途対応させて頂きますのでこちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

最近はこの「山と旅の自転車プラス」をお選びいただくお客様も多く、一人や数人程度でゆっくり、のんびり一日を楽しむ乗り方も増えてきているように思えます。

 

 

今回紹介した「山と旅の自転車プラス」完成車のビゴーレ・ウェブストアはこちらより↓

 

 

 

 

 

 

 

本日(5月22日)発売のサイクルスポーツ特別編集『グラベル&アドベンチャーバイクをとことん楽しむ(八重洲出版)』で「山と旅の自転車プラス」を”いま選ぶべきグラベル&アドベンチャーバイクベスト20”に選んでいただきインプレッションを紹介していただきました。

 

 

 

 

 

また、「山と旅の自転車プラス」のインプレッションのページとは別に、”Amazing Travel × Gravel(キャンプ・旧街道・スーパー林道)”というコンテンツの中の全6ページにわたる奈良の里山の道をレポートされたページでは、編集長自ら「山と旅の自転車プラス(GRXコンポーネント仕様)」に乗ってもらっています。

(このレポート、画像撮りを編集長独りで行なっているとの事で驚きです)

 

 

 

編集長は時々こちらの店舗にも来店して頂いているのですが、日本全国を自転車旅しているだけあってその知識・経験にはいつも感心させられます。

そんな編集長が自ら足を運んで取材・インプレッションをされて作り上げた1冊なので今回の雑誌も大変内容の濃いものになっています。

 

 

スポーツ自転車の新しいジャンルとして定着してきたちょっと太いタイヤを履いたグラベルやアドベンチャーと言われる自転車、そんな自転車を持っている人も持っていない人もこれから購入しようかと思っている人にも、その魅力(機材・遊び方・ルートなど)が雑誌名にもある様に”とことん”楽しめる内容になっています。

 

是非お近くの書店・AMAZON八重洲出版 販売部などでお買い求め下さい。

 

 

 

 

今回雑誌で紹介して頂いた「山と旅の自転車プラス」完成車のウェブストアはこちらより↓

 

 

 

 

 

 

 

  • Prev
  • back to Index

↑ 上にもどる

Recent Entry
Category
Archive
  • まじめに遊び道具づくりを考えた。
  • クロモリ・レーサー 発売20周年。
  • ビゴーレたのしい! たのしい投稿をのぞいてみる
  • メールマガジンの登録をしませんか? Mail News