What's Hot !

category「山と旅の自転車プラス」の記事一覧

 

本日開店直後、以前このWhat’s Hotで「山と旅の自転車プラス」の納車第一号として紹介した彼が来店してくれました。

 

自転車を見るとキャンプ道具満載です。

 

彼が一言、

「根室から走って来ました。」

 

「えっっ!?」

そんな所から「走って来ました」、なんて聞いた事が無かったもので耳を疑いました。。

 

話を聞くと、日本を横断している最中らしく、今年の2月初めに飛行機で北海道へ輪行で向かい日本本土最東端の北海道根室市の納沙布(のさっぷ)岬をスタートし、日本本土最西端の長崎県佐世保市の神崎鼻(こうざきばな)を目指している途中でこちらの店舗に寄ってくれたとの事。

 

北海道ではスパイクタイヤをはいて走行し、旭川を経由しフェリーで青森へ、盛岡などを通り東京へ、東京からは東海道付近を走りながらここ京都へ来て、これからの予定は瀬戸内を通ってしまなみ街道で四国へ渡り、もう一度フェリーで本州に戻って来て関門海峡から福岡を通りゴールを目指す予定だそうです。

 

平均すると1日90kmぐらい走っているそうですが、今のところパンクが数回だけらしく特に大きなトラブルは無いとの事で安心しました。

フロントバッグやパニアバッグには、テント・シュラフ・マット・調理器具・着替えなどを積んでいて、宿泊はテント泊と旅館は半々ぐらいとの事。

 

この自転車を納車したのは、ちょうど1年前ぐらいでしたが、去年はそれから夏に2週間北海道と秋に10日間九州を同じような装備でツーリングされたようです。

 

「山と旅の自転車プラス」をちゃんと旅に連れ出してくれているようで嬉しく思いました。

 

 

 

 

ちょうどその時にこれもまた以前What’s Hotで紹介させていただいたお客様が来店されていました。(←リンク先ページの記事の一番始めのベージュカラーの山と旅の自転車の方です)

 

こちらのお客様はその時の記事で東海道を自転車で完走するという目標があると書きましたが、3回程に分けて去年無事その工程を完走されたとの事です。

 

このお客様、30年ぐらい前には奥様と一緒に自転車に乗っていたそうなのですが、奥様はそれからずっと乗っていなかったそうです。その奥様が最近テレビのBSでフランスの自転車旅の番組を見られたらしく、また一緒に乗ろうかという事になり、奥様の為にオーダーされた「山と旅の自転車プラス」の完成具合を見に来られていました。奥様が乗りやすい自転車にする為、パーツ選びには熱心でした。

 

そして、これから一緒に行く自転車旅先はやはりヨーロッパだそうです!

 

 

”旅”というキーワードが合ったのか、その後しばらくお二人でおしゃべりされていました。

 

 

 

いろんな世代に指示されている「山と旅の自転車プラス」こちらの店舗には試乗車を用意してますので、是非乗って確かめて見て下さい。どのような乗り方をしたいのか、どのような旅をしたいのか、お伝えいただければそれに合ったご提案をさせて頂きます。

 

 

 

「山と旅の自転車プラス」のご購入や詳細に関しましてご質問などがございましたらこちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の「山と旅の自転車プラス」完成車特別価格販売の続きです。

 

今回は「山と旅の自転車プラス」の510mm(M)サイズの完成車を2台紹介します。

 

2台ともSHIMANO 105パーツで組んであるので、本格的なツーリングやロングライドで山や旅に出る方でも楽しめる1台になっています。

※510mm(M)サイズは大体165cm〜175cmの身長の方のサイズとなります。

 

どちらも現在は650bサイズのホイールをアッセンブルしていますが、フレームは650b/700c兼用設計になりますので、将来的に700cサイズの装着も可能です。

 

なお、1台目は試乗車、2台目は展示車となります。

 

 

まずは1台目、フレームカラーは”ホワイトのツヤあり”になります。

↑「山と旅の自転車プラス」完成車/グレードTS(SHIMANO 105)/フレームサイズ:510mm/650bホイール/オイルディスクブレーキ仕様

価格:272,580円(税込)→189,000円(税込)

※この自転車はビゴーレ・ウェブストア撮影用に制作し、こちらの店舗で試乗車として使用していました。

 

 

目立つ傷はほとんどありませんが、小傷など状態の詳細は下記画像にてご確認下さい。

 

 

 

本完成車の構成パーツなど詳細に関しましてはこちらのページのグレードTS(オイルディスクブレーキ仕様)項目にてご確認下さい。

 

本完成車のビゴーレ・ウエブストアページでの購入はこちらより→(準備中です。)

↑ビゴーレ・ウェブストアで販売開始しました。

 

 

 

 

そして2台目、フレームカラーは”キャンバスホワイト(オフホワイトのツヤ消し)”になります。

↑「山と旅の自転車プラス」完成車/グレードTS(SHIMANO 105)/フレームサイズ:510mm/650bホイール/オイルディスクブレーキ仕様

価格:310,750円(税込)→215,000(税込)

※この自転車はビゴーレ・ウェブストア撮影用に制作し、こちらの店舗で展示車として使用していました。

 

目立つ傷はほとんどありませんが、小傷など状態の詳細は下記画像にてご確認下さい。

 

 

 

 

本完成車の構成パーツなど詳細に関しましてはこちらのページのグレードTS(オイルディスクブレーキ仕様)項目にてご確認下さい。

 

本完成車のビゴーレ・ウエブストアページでの購入はこちらより→(準備中です。)

↑ビゴーレ・ウェブストアで販売開始しました。

 

 

この2台の自転車はこちらの店舗では販売しておりますが、もし購入希望の方や気になるという方がいらっしゃいましたら通販可能ですのでこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

また、こちらの店舗までご来店いただきましたら、試乗車の場合は試乗して乗り心地を確認してからのご購入も出来ます。

 

ビゴーレ・ウェブストアでも購入出来るように、現在準備中ですのでもうしばらくお待ち下さい。

(準備出来次第こちらでお知らせさせていただきます。)

ビゴーレ・ウェブストアで販売開始しました。

 

 

ビゴーレ・ウェブストア/一品もの(完成車)のページはこちらより→

 

 

残る1台は450mm(S)サイズ(適合身長:150cm〜168cm)/グレードTSの試乗車となります。

こちらも準備が出来次第ご紹介しますので、もうしばらくお待ち下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの店舗にはご購入時にサイズフィッティングしていただく為の試乗車を各モデル用意しているのですが、今回はその中の「山と旅の自転車プラス」の完成車4台(450mm(グレードTS)1台/510mm(グレードTS)2台/540mm(グレードe)1台)を一品ものにて特別価格販売致します。

 

まず1台目はフレームサイズが540mmのグレードeの試乗車。大体172cm〜188cmぐらいの身長の方のお乗りいただけるかと思います。

 

↑「山と旅の自転車プラス」完成車/グレードe/フレームサイズ:540mm/700cホイール仕様

価格:192,500円(税込)→134,000(税込)

 

毎日の生活の道具として、またツーリングやロングライドを考えられている方にぴったりな1台です。

※この自転車はビゴーレ・ウェブストア撮影用に制作し、こちらの店舗で試乗車として使用していました。

 

 

目立つ傷はほとんどありませんが、小傷など状態の詳細は下記画像にてご確認下さい。

 

 

 

本完成車の構成パーツなど詳細に関しましてはこちらのページのグレードe項目にてご確認下さい。

 

こちらの店舗では販売しておりますが、もし購入希望の方や気になるという方がいらっしゃいましたら通販可能ですのでこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

ビゴーレ・ウェブストアでも購入出来るように、現在準備中ですのでもうしばらくお待ち下さい。

(準備出来次第こちらでお知らせさせていただきます。)

 

本完成車のビゴーレ・ウエブストアページでの購入はこちらより→(準備中です。)

↑ビゴーレ・ウェブストアで販売開始しました。

 

 

残りの3台の「山と旅の自転車プラス」完成車は準備が出来次第『What’s Hot』にてお知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前からお伝えしていたグラベル用コンポーネントのSHIMANO GRX

やっと『山と旅の自転車プラス』のGRX仕様の完成車スペックと価格が決まって通常店舗販売を開始しました。

(すみません、ビゴーレウェブストアでのGRX仕様完成車の通販のページはございませんが、ご希望の方はお電話かお問い合わせ下さい。)

 

 

 

 

<山と旅の自転車プラス GRX仕様>

 

SHIMANO GRX RX810仕様     標準完成車価格※¥309,100円(税込)

SHIMANO GRX RX600仕様     標準完成車価格※¥272,800円(税込)

SHIMANO GRX RX400仕様     標準完成車価格※¥260,700円(税込)

 

※標準完成車:フレームカラー(白もしくは黒)、標準アッセンブルパーツ。

オーダーフレームカラーなどのオプションは別途となります。

 

 

 

 

 

 

↑こちらは先日お客様に納車させて頂いたGRX仕様の『山と旅の自転車プラス』。

 

 

↑フレームカラーはカラーオーダーでイエロー系の「パールカラー」。こちらの店舗に置いてある展示車を見て「これと同じフレームカラーで!」というリクエストでした。パールカラーはメタリックカラーよりも細かな粒子になり、非常に美しい発色と光沢のあるカラーで正に真珠のように仕上がります。

 

 

↑コンポーネントはGRX最上位グレードの「RX810」シリーズ。

クランクはシングル仕様(ダブル仕様もラインナップあり)。フロントディレイラーが必要ないので、見た目もすっきりしメカトラブルも少なくなります。ギアの形状も変速用ギアのそれとは異なり、チェーンとの噛み合いが増す歯先の形状になっているのでフロントディレイラーが無くてもチェーン落ちが防止され、荒れた路面でもスムースに走行出来ます。

リアディレイラーは外側への張り出しが少ない為にメカトラブルになりにくいシャドーデザイン。またプーリーケージの動きをロック出来る機構が付いてオフロード走行時でもチェーン落ちを防止しています。

スプロケットは11-42T、どんな坂でも登り切れそうです。

 

 

↑タイヤは「PANARACER Gravel King SK(700c×32c)」。オンロードもオフロードもどちらも走行したいという方に人気のタイヤです。

 

 

↑ホイールは新商品のGRXシリーズの完組ホイール「WH-RX570」。試乗してみた印象は非常にカチッとした感じ。それに軽量という事も相まってよく進みそうなホイールです。

 

 

↑ハンドルは「THOMSON Alloy Drop Bar(フレアタイプ)」。通常のロード用ドロップハンドルとは形状が違いハンドルの最後が外に広がっているフレアタイプです。これによってオフロードの下りなどでは上半身が使いやすくバイクを安定させる事が出来ます。

そしてこの『山と旅の自転車プラス GRX仕様』では「油圧ディスクサブブレーキレバー」が標準仕様となります。ハンドル上部を持ち上体が起きた場合でもブレーキがかけられるこのサブブレーキレバー、ブレーキホースのルーティンがすっきりし、見た目も良くなっています。またロードコンポーネントの105などのオイルディスクとも互換性がありますので、105仕様の完成車でもオプションで追加していただけます。

 

 

↑サドルは「BROOKS Cambium C17 Organic Light」。このサドルはクロモリ製のフレームによく似合うというのもありますが、今までにはなかった天然ゴムのベースが程よくしなりロングライドでもお尻が痛くなりにくいんです。

シートピラーは、ハンドル・ステムと合わせた「THOMSON Elite」。THOMSON全商品に言える事なんですが、非常に軽量で丈夫です。

 

 

↑そしてこの方のリクエストで追加したハンドルバーバッグの「ORTLIEB Ultimate 6 Classic」。マグネット式の開閉システムで蓋の開け閉めは片手で簡単に出来ます。ワンタッチで着脱出来るカギ付きのアタッチメントと、持ち運びに便利なショルダーストラップが付属しますので、ツーリングなどに便利ではないでしょうか。このモデルは、5L・7L・8.5Lと3サイズありますので持ち運ぶ荷物によって選択出来ますね。

 

今回のこの完成車の場合、上記のようにフレームオーダーカラー・ホイール・タイヤ・ハンドル・ステム・シートピラー・サドル・ハンドルバッグなど(ほぼ全部ですね笑)をオプションで変更されておよそ40万円となりました。

 

『山と旅の自転車プラス』のGRX仕様に関しまして、不明点やご質問などがございましたらこちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。

ご希望の方にはオーダー用紙をお送りしますので、お申し付け下さい。

 

 

 

 

 

 

 

< 年末年始の休みのお知らせ >

 

2019年年末から2020年年始の京都本店の営業については下記の通りとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月29日(日)まで通常営業

12月30日(月)から1月4日(土)までお休み

1月5日(日)から通常営業(通常通り10:30から)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都に帰省、旅行される際は是非お立ち寄り下さい。

 

ビゴーレ京都本店スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、『クロモリ・レーサー』をご購入されたお客様。

その乗り心地を気に入っていただき、2台目は『山と旅の自転車プラス』を。

 

 

前回の『クロモリ・レーサー』の時は完成車でのご購入でしたが、今回はご自分で組み立てたいという事でしたので”フレーム+フォーク”セットでのご購入でした。

 

 

この方も変速関係はまずは”電動式”で、後々は”ワイヤー式”で組めるようにと、どちらにも対応できるようにフレームを加工しました。

 

 

 

 

商品を発送し、しばらくして完成したというメールに自転車の画像が添付されていました。

 

 

 

SHIMANO GRXのDi2コンポーネントにSHIMANO DuraAce、Ultegraやスギノのクランクなどをミックスさせて組まれていました。

大きめのサドルバッグやフレームバッグなどをアッセンブルされていて、今すぐにでも旅に出たくなる自転車に仕上がっていますね。

 

 

この『山と旅の自転車プラス』

将来的に乗り方が変わっていってもいろんな組み方が出来る様に設計しています。

今回のように変速機関係もそうですが、ホイールも700cと650bのどちらでも履けますし、コンポーネントもロード系でもMTB系でも付けれますし(もちろんGRXのようなグラベル系も)、タイヤもブロックパターンでもスリックパターンでも、そしてハンドルもドロップハンドルでもフラットハンドルやアップハンドルでも組めるんです。

 

 

色々な形でずっと付き合っていける『山と旅の自転車プラス』、試乗車を用意してますので是非試乗しに来て下さい。

 

 

 

不明点やご質問などがございましたらこちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

前々回でも紹介しましたが、やっとデリバリーが安定してきたグラベルコンポーネントのSHIMANO GRX

 

 

最近になりGRXに関する問い合わせやご注文が多くなってきたので、これまで店内にあった「山と旅の自転車プラス」のTSグレード(SHIMANO 105仕様)のクランク・リアディレイラー・スプロケットをGRXに付け替えてみました。

 

 

クランクはシングル仕様(ダブル仕様もラインナップあり)。フロントディレイラーが必要ないので、見た目もすっきりしメカトラブルも少なくなります。ギアの形状も変速用ギアのそれとは異なり、チェーンとの噛み合いが増す歯先の形状になっているのでフロントディレイラーが無くてもチェーン落ちが防止され、荒れた路面でもスムースに走行出来ます。

 

 

リアディレイラーは外側への張り出しが少ない為にメカトラブルになりにくいシャドーデザイン。またプーリーケージの動きをロック出来る機構が付いてオフロード走行時でもチェーン落ちを防止しています。

スプロケットは11-42T、どんな坂でも登り切れそうです。

 

 

現在、この自転車は試乗車としてこちらの京都本店にございますので、是非試乗しにご来店下さい。

 

 

 

実はGRXのその他のパーツ(デュアルコントロールレバー・サブブレーキレバー・ブレーキキャリパー)も届いてるのですが、まだ組み付けられていません。。

 

 

完成したらまた報告しますね。

 

 

 

 

 

 

またまた「山と旅の自転車プラス」ネタです。

 

今回は組み替えのお話。

 

↑これはお客様が約20年前に完成車で購入されたマウンテンバイク。

コンポーネントやホイールなどを色々カスタムしてずっと乗ってこられました。(原形はほぼ無いそうです。)

そして数年前にその時のSHIMANO XTコンポーネントに入れ替えて上の画像の姿になったそう。

この自転車は普段通勤用として使ってられて、今回はさらに快適な通勤バイクにしたいとの事で「山と旅の自転車プラス」への組み替えとなりました。

組み替えに関してのご希望は現在付いているパーツをなるべく利用したいとの事。

 

 

そして組み替え後がこちら↓

 

組み替えに関して必要になったのは、フレーム・フォークの他にホイール周り・ディスクブレーキキャリパー・ワイヤー類など。

 

 

 

「山と旅の自転車プラス」のフレームはマウンテンバイクのコンポーネントでも付けられる設計になっていますので、組み替えをご検討されている方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談下さい

 

 

 

 

 

 

数ヶ月前にフレーム+フォークセットでご購入頂きました「山と旅の自転車プラス」

ようやく組み上がったという事で自転車を見せに来て頂きました。

 

 

オーダー時のリクエストは、将来的に変速関係は電動コンポーネントで組みたいという事でしたので、フレームの変速関係の小物は電動式でもワイヤー式でも組めるように仕上げました。

(標準のワイヤー式用のフレーム小物は残して、電動式用のフレーム小物を加工しています。)

フレームカラーは京都コレクション「照応」の艶ありバージョンです。

 

 

 

 

今回組み付けられたパーツはSHIMANOのグラベルライド用に開発された”GRX”という新しいコンポーネント。

SHIMANO GRXのウェブサイトには「荒れた山道やロングライドへの挑戦にもう戸惑うことはもうありません」と書いてあり、まさにこの「山と旅の自転車プラス」にぴったりじゃないですか。

変速関係の電動式はもう少し先で、という事で今回はワイヤー式で組まれています。

 

 

単なるロード用コンポーネントの流用ではない”GRX”、ゼロから設計されたそれらのパーツごとに見ていきましょう。

 

 

混合地形でのライディングに適したグラベル特有のギア比のクランク。

 

 

チェーンのテンションを変えられるスタビライザー機構が備わり荒れた路面でもチェーンの脱落を防止し、スムースな変速が出来るようになったリアディレイラー。

 

 

ピボット位置を変更する事によりブラケット上部からの軽いタッチを実現して長時間のブレーキングでも疲れにくくなったデュアルコントロールレバー。ブラケット形状も見直され握り易く、しかも手が滑りにくくなりました。

 

 

ハンドル上部を持ち上体が起きた場合でもブレーキがかけられる油圧ディスクサブブレーキレバー。ブレーキホースのルーティンがすっきりし、見た目も良くなりました。

 

 

フラットマウント設計の油圧ディスクブレーキキャリパー。

 

 

 

 

このSHIMANO GRX、「山と旅の自転車プラス」に組み付けるとやはり良く似合いますね。

SHIMANO GRXは色々なギア構成がありますので、自分なりのバイクのカスタマイズで、望み通りのライドが実現出来ます。

 

ビゴーレ・ウェブストアの「山と旅の自転車プラス」ページにはこのSHIMANO GRXを組み付けた自転車はまだ準備できていませんが、気になるという方はこちらよりお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

以前より大変お世話になっているアウトドアブランドの「Patagonia」。

 

 

ここ京都ではPatagonia 京都ストアが以前新風館にあった時からVIGOREの自転車を定期的に店内展示させていただいています。

現在は『山と旅の自転車プラス』を展示中です。

 

 

展示場所は2Fのフロアの中央付近、階段を上がって少し進んだ場所(エレベーター前付近)。

結構目立つところに置いていただいています。(ありがとうございます!)

 

 

『山と旅の自転車プラス』のポストカードが展示車のBrooksのサドルに差さっています(笑)ので、ご自由にお持ち帰り下さいね。

 

 

また、自転車の横にVIGORE創業90周年のポストカードも置いていただいています。こちらもご自由に。

 

 

この「山と旅の自転車プラス」、

そのネーミングの通り「山」と「旅」に使い易い自転車に設計したのですが、PatagoniaにはVIGOREの自転車に乗る時に適した機能的な商品があり、私達も展示車の搬入・搬出時には仕事を忘れてついつい商品のチェックに没頭してしまうぐらい。。

 

 

街に出かけられた際には是非お店に寄ってみて下さい。

 

 

Patagonia 京都ストアについてはこちらより→

 

 

 

 

 

 

春の発売よりご好評いただいている『山と旅の自転車プラス』

 

 

この自転車は700c(ロードホイール)と650b(MTBホイール)兼用設計になっているのですが、700cホイールを選択される方はオンロードでツーリングや旅、650bホイールを選択される方はツーリングはもちろんの事、エアボリュームを付けてゆったり乗りたい、また林道などのトレイルに行く、という使い方が主のようです。

 

 

この種類の完成車に初めからアッセンブルされるタイヤは、ヨーロッパは700cで43c※幅、アメリカは650bで47c幅というのが多いのですが、実際ビゴーレでお客様が選択されるこれらのそれぞれのホイールのタイヤ幅は私達がこの自転車を開発・試走をした私達がこの自転車を使う日本のフィールドで感じた事と同じ700cは32c幅、650bは42c幅を希望される方がほとんどです。

それぞれの国の遊び方によってタイヤサイズは異なるものですね。

※○○c=○○mm(ミリメートル)

 

 

そして、完成車にアッセンブルするSHIMANOパーツに関しては、105グレードでオイルディスクブレーキ仕様というのが一番人気です。

 

 

今回紹介する3台も全てSHIMANOパーツは105グレードのオイルディスクブレーキを選択された『山と旅の自転車プラス』です。

 

 

・モスグリーン(700cホイール仕様)

 

 

 

 

 

・ガンメタリック(650bホイール仕様)

 

 

 

 

・ビゴーレレッド(700cホイール仕様)

 

 

 

 

 

ドロップハンドルなのにロードレーサーのタイヤより全然太いタイヤが付いていて、林道も走れて旅も出来る『山と旅の自転車プラス』ってどんな自転車なんだろう?と思っている方も多い思います。

なかなか想像が付かないと思います。

私達もテキストや写真ではうまく伝えられないのです。。

 

 

だから一度乗ってもらいたいのでこちらの京都本店には全サイズの試乗車を用意しています。

ホイールも700cと650bの両方を用意しており、それぞれの乗り心地を確かめていただけますので是非ご来店下さい。

 

 

 

 

 

  • Prev
  • back to Index

↑ 上にもどる