What's Hot !

category「CrMo Racer」の記事一覧

 

目がいく。
赤の持つ力、脈々たる血潮の色。力の源。その活気はまわりに力を与え人の記憶に留まる。
これまでクロモリ製マウンテンバイク Basic FRのコンセプトモデルとして好評だった“しるし”が、多くの方の要望にお応えして、クロモリ・レーサーでも誕生しました。

 

“しるし”特有の力強い金属じみた赤は、 派手ではなくとも、何か言葉にできない存在力を示します。

 

また、クロモリ・レーサー“しるし”には、今春発売されたシマノの新105(5800系)を搭載し、駆動系、制動系の性能が向上し、走る愉しみをさらに高めてくれています。
新105になり大きく変更されたのは、10速から11速(2×11s)になったこと。これでツーリングやレースの用途において細かくギアの選択が可能になったのでより勧めやすくなりました。要は地形にあったギアの選択幅が広がったということです。これからツーリングが増える季節により走りを楽しんでもらえる仕様になり私たちもとても喜んでいます。

 

折角なので、新しい105のパーツを一寸見ていきましょう。まずはクランク。

上位モデルのデュラエース、アルテグラと同様のデザインとなりました。また、形だけではなくその性能ももちろん向上しています。駆動系で最も重要な部分でもあるので、上位モデルに負けず劣らず徹底的な応力解析とともにより高い伝達効率を目指しているようです。見た目ではアルテグラ以上の上位モデルでは軽量化のために中空クランクとなっていましたが、

新105の場合は、肉抜きした後にパーツによって補強されています。コストと性能とのせめぎ合いの部分ですが、少しでも性能を高めるためにシマノのエンジニアの苦労が垣間みれます。

 

次は、変速機周り。変速時の精度も高まり、どんどん良くなっている感じです。リアも意匠が大きく変更され、変速のフィーリングも明らかに向上しています。どうも「スプリングバランスとケーブルルートの見直しにより変速のスムーズさを実現している」ようです。

 

フロントのアーム部(ワイヤで引っ張るところ)は、前モデルから完全に新設計になっています。より軽快に変速するようになりました。
また、「トリム機能の見直しによってチェーン落ちを低減させている」とのことで、これはレースシーンではありがたいです。

 

制動(ブレーキ)まわりも性能向上しています。アーチの回転軸が『左右対称デュアルピボット式』になったようで、制動力(止まりやすさ)が旧モデルと比較して10%ほど向上しているそうですが、たしかにより軽いタッチで制動能力が高まっていることを実感できます。

 

さらにブレーキレバー。大きく設計変更されてコンパクト、軽量になり、バイクコントロール(ハンドル操作性)をより高めることができます。ビゴーレでは、ハンドル周りを軽量にしてバイクコントロールの向上をいろいろ思案してきましたが、今回のこの変更でこれまで重量の理由で敬遠されがちだったSTIモデルでも十分にたのしめるもとなりました。

 

握るとこんな感じ。女性も含めての小さい人でも違和感無く握れる形になっていますね。

 

 

さらに細かいところでは、こんなところも。
ポリマーコーティングシフトケーブル(下の写真のケーブル取付部の黒い部分)というそうですが、よりフリクションが軽減され早くて確実な変速動作が可能とのこと、機械部だけでなくトータルでの性能向上に勤めていることが随所から感じられます。

新105のパッケージ価格は前モデルよりも高くなってしまっているのですが、ビゴーレでは、少しでもこの性能を楽しんでもらえるようにしばらく同価格にて提供していきたいと思います。 この新しい105を搭載するのは、今回発表した“しるし”だけでなく、これまで105を搭載していた下記のモデルも一斉に変更いたします。

 

クロモリ・レーサー (標準モデル) model RS

http://vigore.co.jp/store/product-crmo/

 

クロモリ・レーサー あかり style RS

http://vigore.co.jp/store/product-light/

 

クロモリ・レーサー 照応 style RS

http://vigore.co.jp/store/product-road/

 

クロモリ・レーサー 鋼 style RS

http://vigore.co.jp/store/hagane/

 

※上記の各モデルについて、ウェブ・ストアの画像は前105のパーツが付いている写真となっていますが、現在注文分は新105になっております。

(画像については随時変更していきますのでしばしお待ちください。)

 

クロモリ・レーサー“しるし”は、京都本店にて発売開始しています。ウェブ・ストアでは、近日登場しますのでしばらくお待ちください。

 

 

【14年06月20日追記】

クロモリ・レーサー “しるし” は、 関東の各ディーラーでも取扱いを開始しました。購入にあたっての詳細は各店舗にて確認ください。

[ POTAVEL FIGO! ] (F.I.G bike)
 http://www.figbike.com/potavel.html
東京都渋谷区恵比寿西1-33-25 1F
TEL 03-6416-3155  / MAIL : potavel@figbike.com
定休日:月曜  営業時間 12:00~21:00位

 

[malpaso]
http://homepage3.nifty.com/malpaso-bike/

神奈川県藤沢市鵠沼石上2-1-15
TEL 0466-47-8568 / FAX 0466-47-8569
定休日:水曜  営業時間 11:00~20:00位

 

[TAS CYCLE]
http://www.taspark.com/about/tascycle/

茨城県つくば市東新井38-6
定休日:火曜

 

 

このたび、3月に入ってから完成車に使用しているシマノ部品の一部が値上げ発表があり、それに併せて先日告知させていただいた新価格についても再調整が必要となってしまいました。可能な限り先に告知した価格にて販売することを検討しましたが、元々ぎりぎりの価格設定であったため、一部の完成車価格については修正が余儀なくされる状態となってしまいました。もちろん、シマノ部品の影響を受けないフレーム類、オリジナル部品等においては前回発表の価格にて提供予定です。一部完成車モデルについては再度の価格変更となってしまいますが、なにとぞご理解賜りたく存じます。

 

 

2014年3月14日

 

お客様各位

 

完成車ラインナップと商品価格の
改定についてのご案内
(再掲/一部修正)

 

 

平素はビゴーレ製品をご愛顧いただきましてまことに有難うございます。
この度、ビゴーレの完成車につきまして下記の通り完成車ラインナップおよび商品価格を改定することといたします。

昨今の円安による海外仕入品の高騰とともにビゴーレ完成車に組付ける各社自転車用部品の値上げに対し当社は目下生産の効率化を図り、継続的なコスト軽減努力を重ねておりますが、現在の価格を維持することが困難である状況となっております。そして、ビゴーレの価格については税込表示となっているため、消費税が8%に変更されることも含めて、今後も製品の品質を維持し、適正な価格で価値ある製品をお客様にご提供し続けるため、価格改定を行ないます。

また今回、価格改定に伴い、これまで完成車毎に異なったグレード表記となっていたものを統一し、お客様に分かりやすいラインナップ表記とすることにしました。

 

 

 

1. 価格および他ラインナップ改定の実施時期

2014年4月1日より

 

 

2. 対象商品および価格

商品名  新価格(税込)(旧価格(税込))

 

【クロモリ・レーサー】

 

1. クロモリ・レーサー スタンダード(クロ、シロカラー)

・ モデルe(シマノ クラリス モデル)  139,000  (旧129,000)
・ モデルS(シマノ ティアグラ モデル)  169,000  (旧159,000) 
・ モデルRS(シマノ 105 モデル)  189,000  (旧179,000) 
・ モデルRS+(シマノ アルテグラ モデル)  265,000  (旧280,000) 
・ モデルPremium(シマノ デュラエース モデル)  455,000

 

2. クロモリ・レーサー あかり 
・ スタイルe(旧:シンプル相当)  176,000  (旧168,000) 
・ スタイルRS(旧:プレミアム相当)  230,000  (旧246,000) 
・ スタイルRS+(旧:オリジナルと同グレード、フィレット加工無し)  325,000

 

3. クロモリ・レーサー 照応
・ スタイルe(旧:シンプル相当)  176,000  (旧161,000)
・ スタイルRS(旧:プレミアム相当)  230,000 (旧239,000)
・ スタイルRS+(シマノ アルテグラ モデル)  325,000

 

4. クロモリ・レーサー 鋼 
・ スタイルe  176,000  (旧168,000)
・ スタイルRS  230,000 (旧246,000) 
・ スタイルRS+  305,000 (旧280,000) 
・ スタイルPremium(フィレット加工無し)  498,000 (旧468,000)

 

【ベーシック・エフアール】

 

1. ベーシック・エフアール スタンダード(クロ、シロカラー)
・ モデルe(シマノ アセラ モデル)   108,000 (旧98,000)
・ モデルS(シマノ デオーレ モデル)  142,000 (旧128,000)
・ モデルRS(シマノ XT モデル)  179,000

 

2. ベーシック・エフアール しるし
・ スタイルe(旧:シンプル相当)  145,000 (旧148,000)
・ スタイルS(旧:プレミアム相当)   189,000 (旧179,000)
・ スタイルRS  219,000

 

3. ベーシック・エフアール 照応
・ スタイルe(旧:シンプル相当)  145,000 (旧144,000)
・ スタイルS(旧:プレミアム相当)   189,000 (旧185,000)
・ スタイルRS  219,000

 

【フレーム+フォーク】

 

1. クロモリ・レーサー (クロ・シロカラー)
・ フレーム+フォーク  74,500 (旧67095) 
・ フレーム  58,500 (旧52500)

 

2. ベーシック・エフアール(クロ・シロカラー)
・ フレーム+フォーク  60,500 (旧53,550) 
・ フレーム  46,500 (旧42,000)

 

【パーツ&アクセサリ】

 

1. ハンドルバー 
・ アップ  3,700  (旧3,465) 
・ フラット・ミドル   3,400  (旧3,150)

 

2. ステム  3,800 (旧3,570)

 

3. シートピラー   3,200 (旧2,940)

 

4. ヘッドセット   4,200 (旧3,780)

 

5. グリップ  1,470 (旧1,470)

 

※ 上記価格は、京都本店およびビゴーレ・ウェブストアでの価格となります。

※ 京都本店およびビゴーレ・ウェブストアでは、2014年3月30日(日)(ウェブストアでは31日(月))までの注文については現在の価格でご購入可能です。

 

お問い合わせ先:
有限会社ビゴーレ・カタオカ 
京都市左京区南四ノ坪町55
tel. 075-791-6158

 

以上

クロモリレーサーで旅にも行きたいというアクティブな女性のリクエストでフレームのリアエンドにキャリアダボをオプションで溶接し、TUBUS(ドイツ)リアキャリアとORTLIEB(ドイツ)パニアバッグを装着しツーリング仕様に。

 

 3月に、テントや寝袋は持たず宿に泊まり歩き(走り!?)ながらの旅に出られるとの事でしたがそろそろ出発でしょうか。

 

使う目的に合わせたカスタムオプションなども受け付けていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

ビゴーレのクロモリ・スチール製のロードバイク「クロモリ・レーサー」が、ついにウェブ・ストアでカラーオーダー可能となりました!今回はソリッドカラー(単色つや有り)15色、メタリック4色、キャンディとガラスパウダー塗装4色の合計23色を準備しています。
ビゴーレの高品位塗装は、これまでレースカーの塗装を手がけてきたペインターによって京都で行われていますが、その素晴らしい仕上がりを京都に来なくても堪能してもらえます。
ロゴカラーオプション、サドルオプションもこれまで通り選択でき、さらにはハンドルバーカラーオプションも追加、よりじぶんらしい一台が注文できるようになりました。

 

カラーオプションが選択可能となったウェブ・ストアのクロモリレーサーはこちら → 

1993年に発売を開始したクロモリ・レーサーは、そのシンプルなスタイルゆえに古びる事無くその時代の自転車で在り続けています。ベースのフレームのスタイル/構成に大きな変更はありませんが都度毎に見直しを図り微細な設計変更を重ね、その他のパーツ類もその時の新仕様へ変更することで性能も常に深化させています。
今回も、シマノがロードレースバイク向けのアッセンブル・コンポーネント(駆動系、変速機並びにブレーキ類)の2300の後継モデルとして“Claris“を新発売し漸く8月から供給が始まりましたので、早速ビゴーレのロードレース車のモデル eならびにプレミアムモデルのシンプルモデルをこの新しいパーツを組付けた仕様としました。
新仕様にアップデートしたのは下記のモデルとなります。

クロモリ・レーサー/Model e 】旧仕様:シマノ2300 →新仕様:シマノClaris

クロモリ・レーサー/あかり/シンプルmodel 】旧仕様:シマノ2300 →新仕様:シマノClaris

クロモリ・レーサー/照応/シンプルmodel】旧仕様:シマノ2300 →新仕様:シマノClaris

まずは、ベーシックなクロモリ・レーサーのモデルeで組んでみました。

見た目では、クランク周り/変速機周り/ブレーキが変更となっています。パーツカラーが“ストーン・メタリック・シルバー”となりこれまでの2300より深みのある雰囲気となってビゴーレの各車にとてもマッチしてます。

クランク周りアップ。エッジの利いたシャープなクランクデザインは、前モデルとは印象がだいぶ異なります。

リアメカ周りアップ。こちらもシャープなデザインへ変更されるとともにリア・スプロケット(ギヤ)の歯数が増え、登り走行にてより軽快なギヤ比を選択できるようになったとともに走行中により適正なギヤを選択できるようになりました。
(※ ヒルクライムやツーリングにも適したギヤを選択いただけます。詳しくはお店でご確認ください。)

 

リアブレーキ周りアップ。統一性があり控えめながらしっかりとしたなデザインは、ビゴーレの自転車にとてもマッチします。

 オプションですが、デュアルコントロールレバー(+5,250円)は、上位グレードと同様の設計に変更され、簡単で直感的な操作が可能になりました。感覚的にはレバー自体握りやすくなり、ドロップハンドルの下部分も握りやすくなったのでこれならお客様にすすめられるものとなりました。(もちろん、より軽快なハンドリングを求められる方にはダブルレバーもおすすめです。)
※コンポーネント以外のパーツ(サドル/ハンドル等)はこれまでと同仕様です。


今回新パーツを組付けたものを試乗してみて。以前より各部(クランクセット/フロントディレイラー/チェーン)のトータルでの設計を意識されているようでベースモデルながら変速性能が一クラス上のものへの向上したように感じます。
この辺の技術も日進月歩なんですね。ベースモデルからこれだけの性能を出してもらえると、私たちのフレーム性能を十分に堪能してもらいやすくなり、より多くの人の日々の「自転車に乗るたのしみ(Driving PleasureならぬRiding Pleasure)」へつなげていくことが出来ます。いつもながらシマノさんの新しいパーツの開発に感謝いたします。

今回、新パーツになりパーツ類の価格は若干アップしましたが、まずは完成車価格はそのままで皆さんに提供したいと思います。
(※新パーツ組付車はパーツ供給の加減により納期が大きく変動することがございます。モデルe、“あかり”、“照応”のシンプルモデルをご希望の際は予めご了承下さい。)

また、新しいクロモリ・レーサーを一度試乗してもらうべく、現在京都本店にて試乗車を準備中ですが、現状では新パーツの供給が間に合っておりません。。新しい仕様のクロモリ・レーサーを試乗ご希望の際は事前にお問い合わせ下さい。

変わらないけど、新しい。
そんなビゴーレのクロモリ製ロードバイク、クロモリ・レーサーの詳細はこちら→

6月25日にこのコーナーで取り上げた、仲のよい二人の初めての自転車オーダーのつづき、
ついに完成して納車のときのお話です。

2人の注文したクロモリ・レーサーが仕上がり、 いよいよ、納車当日となりお二人がまた京都本店まで来られました。
いよいよ 「じぶんの自転車」とのご対面です。

こちらは彼の頼んだクロモリ・レーサー。一目惚れの水色に白のロゴ。彼の人柄同様、とても素直に仕上がりました。

彼女は、クリーム色に白いロゴ。こちらも彼女の雰囲気を表した一台に仕上がりました。
そして装備では、ドロップハンドルでも楽なポジションで乗りこなせるようハンドル上部に(ブレーキの)アシストレバーを取付けました。サドルはアメリカの職人がつくっているセラアナトミカ。この一枚革のサドルは乗るほどにお尻に馴染み、ずっと末永くお付合いできる一台の一部としてがんばってくれます。

できあがった自転車をみて、すぐに乗りたい!というはやる気持ちを抑えてもらいながら、最後にもうひと作業があります。それは、出来上がった自転車をよりじぶんのものに仕上げるための調整作業です。

今一度、何度か自転車に跨いでもらいハンドル位置、サドルの位置などを再調整します。こうしてよりフィット感を増すようにします。

 

そしていよいよ完成した自分の自転車に乗る時が来ました。
ロードバイクに初めて乗る二人に片岡が乗り方のコツを伝授します。

 まずは彼から。満面の笑みとともに初走行の瞬間をぱちり。

 

次に彼女もぐるっと一周です。セッティングの甲斐もあり、すぅっと自然に乗ってもらうことが出来ました。

 

仲良く二人で記念写真。
なかなか「じぶんのもの」を手に入れる機会が無いなかで
じぶんの思いの詰まったモノづくりをお手伝いできることはわたしたちにとってもありがたいことです。
すぐに出来上がるのではなく、出来上がるまでの時間も楽しんでもらえてとても良かったです。
今回の自転車づくりは二人にとって大切な思い出のひとつになれましたでしょうか。

 

良い道具選びは、楽しい日常を積み重ねる上で大切です。 
ずっといっしょに過ごす道具としての自転車。
ビゴーレの自転車はあなたの人生の一部をきっとすてきなものに変えてくれるはずです。

今回二人がオーダーしたビゴーレのクロモリ製ロードバイク、クロモリ・レーサーの詳細はこちら→

その二人は、つい先日新婚旅行から帰ってきたばかりのご夫婦でした。
とても仲のよいその様は未だ恋人どうし。そんなふたりがじぶんたちが乗る自転車を探しにビゴーレを訪れました。
二人で、たのしく、なかよく。
外に食事に行く時も自転車で、彼女の実家にいくのも自転車で。遠方にも一緒に走りにいきたい。
そんな二人はクロモリのロードバイク、CrMo Racerにすることにしました。

彼は、お店に着くやいなやお店にあった水色のロードに一目惚れ。

早速水色のフレームに合うロゴの色を確認しだします。

彼女は、じぶんに合う色をじっくり考えます。
フレームの色はすぐに決まった彼もロゴの色は中々決まらない様子。

ロゴの色を決めるのは一旦おいて、
彼女のフレームカラーを一緒に悩み出す彼。
見出すと他の色もよく見えてきて、彼の悩みは増すばかり。。

 

最初に決めたつもりの水色でしたが、どうも他の色も気になる様子です。

でも、最後は二人ともじぶんの一台を決めました。

 色決めが一段落したら次は、試乗。
自分の体型、能力に合ったポジションを探るべく 、お店のバイクに乗ってみます。
二人ともロードは初めてで、お互いに慣れない自転車に照れくさそうに跨がってました。

こうして、その日にフィッティングも終え
それぞれ注文して帰られました。
自分だけの自転車を考える過程も オーダーバイクのおおきな楽しみのひとつ。
この過程があるからこそ、思い入れの有る一台になるのです。

完成は、二週間後。
これからずっと共に楽しんでいく自転車ができるのを心待ちにしてお二人はお店を後にしました。

今回二人がオーダーしたビゴーレのクロモリ製ロードバイク、クロモリ・レーサーの詳細はこちら→

今回は、少々変わった注文です。
姿勢が立ち気味ながらも、軽快に走るバイクが欲しいという至ってシンプルなオーダーですが、
マウンテンバイクではなく、希望はロードバイク。
という事でこの仕様(CrMoRacer+アップハンドル)になりました。

この新しいビゴーレオーナーは、現在東京在住。去年京都本店に一度来店され、子供が出来て落ち着いたのでと再び京都本店に来られました。
普段に使うバイクだからこそ良いものにのりたい、その思いに応えるべく出来た一台です。

通常はドロップハンドルでアッセンブルするクロモリ・レーサーを
今回はBasic fr.に使うアップハンドル(ライザーハンドル)でアッセンブル。

 

サドルは、セラ・アナトミカの赤。

ベースとなっているのは、クロモリレーサーの“あかり”なのですが、ハンドルバーとサドルを変えただけでぐっと雰囲気が変わりました。

カジュアルな中にもシックな佇まいがおもしろい一台となりました。
走りもクロモリ・レーサーなのですが、ハンドル位置が高い分、ゆとりを持って乗る事が出来ます。
目線と姿勢が変わるだけで、同じ自転車とは思えない乗り心地の変化を味わってもらえました。

京都本店、東京ポタベルでは、乗る人の要望を聞きながら一台をつくっています。

今回のベースとなった“あかり”は、こちら→

ビゴーレのクロモリ製ロードバイク、クロモリ・レーサーの詳細はこちら→

ビゴーレに一度乗ってみたい。
会うとそう言ってくれていました。
彼は、パタゴニア京都店のスタッフ。パタゴニア京都店には定期的にビゴーレの自転車を展示させてもらっているのですが、 会うたびに「ビゴーレ、いいですね。。」と声をかけてくれます。そして、先日、いよいよ買いにきてくれました。

彼はそれまでアルミのクロスバイクに乗ってました。
でも、「自転車でもっと遠くへ」という欲求はその自転車は満たしてくれませんでした。
そこへビゴーレとの出会い。ぐっと引き込まれたようです。

 そして、お気に入りの一台が出来て、いよいよ引渡しの日。

彼のうれしそうな顔。この瞬間がわたしたちにとってもたまりません。

そして、いよいよ初またぎ。
それまでドロップハンドルの自転車に乗った事が無いとの事でしたが、さすがパタゴニアのスタッフ。皆いろいろなスポーツに秀でた人ばかりですが、彼もはじめてのロードバイクに躊躇せず、いきなり乗りこなしてしまいました。

そして、どうも自分だけの一台におおいに満足してもらったようで、ガンガン乗り始めます。

さらに、スピードも乗り、

もう、そのまま帰っていきそうな勢いでした。
こんなに喜んでもらえて、わたしたちもとてもうれしかったです。

そして帰り際、
なぜ、ビゴーレの自転車が良かったのかを聞いてみたところ、

「自分の人生でずっと乗れる自転車がほしかったので。ビゴーレさんの理念やモノづくりの考え方に感動してます!」

とすらっと言っていただきました。

とても嬉しかったとともに
これは(その期待に応えるべく、)ますますがんばらなくてはと身の引き締まる思いとなりました。

今回彼のオーダーしたクロモリ・レーサーの詳細は、こちら→

クロモリ・レーサーはウェブ・ストアでも購入できます。こちら→

  • Prev
  • back to Index
  • Next

↑ 上にもどる