What's Hot !

category「UTB」の記事一覧

 

(写真提供:Good Design Store)

実は、去年にオープンした香港のGood Design Store に私たちのUTB-0を展示販売していました。
この香港 Good Design Store 、日本の“Good Design”の良さをこれまでのグッドデザイン(Gマーク)製品を通して伝える目的で始まったようですが、一言にGマークといっても膨大な数、そのうちの特に日本のデザインを象徴するものを厳選して集められた、いわば日本代表チームのデザイン製品たちが集結してます。その名だたる製品の中にUTB-0も自転車部門として選定され展示されていました。

 

 

(写真提供:Good Design Store)

これまでもサウジアラビアや韓国で行われた日本のデザイン展にも展示していただきましたが、今回は展示だけでなく気に入ったら購入もしてもらい、より身近に感じてもらうという企画。
ただ、私たちの自転車は今回のストアの中では結構大きく、高額のモノ(生活雑貨、家電が主)なので、なかなか買ってもらうまではいかないだろうなあ、、と思っていたのですが、ついに気に入って乗ってくれる人が現れたと連絡がありました。
今回のオーナーは、「インターナショナルのファッションブランド」にお勤めのWilliamさん。
もともとロンドンに居られて、「ロンドンでも自転車通勤していたのが、こちらにくる時に手放したそうで、そろそろ自転車サークルに入って乗り回したいな」というときに出会ったのがUTB-0。早速街乗りをたのしんでもらっているようで、
“I’m very happy with the bike – it’s been very exciting for me and today I cycled all over the city.” 
というコメントと共に街でのスナップを送ってくれました。ハンサムと素敵な街の雰囲気に違和感なくマッチしていると思いません?

 

(写真提供:Williamさん)

 

 

京都のお店にもよく外国の方が訪れ、私たちの自転車を「日本的な繊細さがある」ととても気に入ってくれて、たまに本国に持ち帰りたいと購入してくれたりしていますが、当の私たちは特に「日本的」であることを意識して作っているわけでもなく、私たちの感性で良いと思えるものを作っているに過ぎないので、なんとなく不思議な気持ちになります。ただ、道具として洗練させることを意識していったらそうなるのかもしれません。

先日も、UAE(アラブ首長国連邦)から友人から譲り受けたという40年以上前のビゴーレをなんとか直して乗りたいと問い合わせがありました。
はるか遠方から、言葉の壁を乗り越えての問い合わせ、その声に応えるべく現地のことを想像しながら可能な限りの方法をお伝えしていると、最終的には新しいフレームを買いたいとのこと。ただいま、出荷に向けて準備中です。

私たちの知らぬ土地でも私たちの作った自転車が愛されていることを知るとほんと、うれしいです。
良いモノづくりに精進することで、年齢、性別だけでなく、国境を超えることができることを実感した出来事が続いています。

 

もうビゴーレの展示は終わりましたが、香港に行った際には、ぜひ“Good Design Store”に足を運んで、世界の中の“日本”を感じてみてはいかがでしょうか。

Good Design Store 香港の詳細はこちら

コンセプトページ
http://gds.g-mark.org/index.html

Facebook
https://www.facebook.com/gooddesignstore/

 

 

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH に参加してます。

先週末から東京六本木ミッドタウンでの “TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH”の一イベント ”iro ioro 自転車”展 ではグッドデザイン賞を受賞した自転車が展示されていますが、ビゴーレのUTB-0 (ZERO) も参加しています。屋外展示で 0 (ZERO) の仕上を間近に見ることが出来る数少ない機会ですので、近くに行かれる際はぜひお立ち寄りください。

TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH に参加してます。

  http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2012/touch-the-good-design.html   10月26日(金)~11月4日(日) ※10月27日(土)・28日(日)、11月3日(土)・4日(日)は試乗体験あり (VIGOREは今回展示のみとなります。) 試乗時間:12:00~17:00 ※雨天中止 場所:コートヤード 料金:無料 主催:(公財)日本デザイン振興会 協力:東京ミッドタウン

いよいよ年の瀬。今年もいろいろありましたが、実は、UTB-0は去年から殆ど京都におりませんでした。グッドデザイン賞特別賞の後、いろいろな所からお声掛け頂き、各展覧会に選定/出展とずっと引っ張りだこの一年でした。ここでも各展覧会のご案内はさせて頂きましたが、年末なので主なものを一挙おさらいします。
まずは、3月にJIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)から後世に残すデザインとしてピックアップされる”JIDA ミュージアムセレクション Vol.11”に選定され、東京芝浦での展示。ホンダのインサイトや無印良品の家とともに展示して頂きました。

 
その後は、経済産業省主催の「感性価値デザイン展」に選ばれました。これは、金沢展の様子。ゼロがアシモくんに向かって飛んでいます。
こちらは、この前開催された香港展での様子。
こちらでも相変わらず飛んでいた様です。
こちらは、東京デザイナーズウィークの企画のひとつ、「感性kansei – Japan Design Exhibition」で。

2008年にフランス・パリで開催された感性展の凱旋企画でしたが、「日本的」なものとして選んで頂き大変光栄でした。展示も大変落ち着いた照明の中で浮かび上がるゼロが印象的でした。

現在では、韓国で開催されているDESIGN KOREA 2010 Exhibitionの企画展「JAPAN DESIGN STORY – Design leads forward 」 (会期:2010年12月7日~12日)
http://www.designkorea.or.kr/site/en/exhibition/overview.htm
に近年のグッドデザイン賞受賞対象約50点のうちのひとつとして展示されています。

 

イベントの合間には、いろいろな催しに飾って頂きました。これは、京都の藤井大丸でのイベントでの一場面。いやはや、とても厳重に展示して頂き恐縮でした。

「何もないただの自転車」なのに各展覧会では足を止めて見入ってもらえていたのは、装備ではない何かを感じとってもらえたのでしょうか。外国の人は特にこれから「日本的」なものを感じ取ってくれる様です。不思議なものです。
ゼロは、韓国の次はサウジアラビアへ飛んでいきます。
ただ飾られるでけではなく、ぜひ一度その乗り味を楽しんでもらえると幸いです。ゼロは、京都本店、FIGBIKE各店に試乗出来る自転車がありますので、ぜひその楽しさを実際に感じてください。

 

今年一年、ゼロは皆様に指示を頂き様々な場所で活躍させていただきました。その感謝の気持ちを込めて今年はビゴーレ初となるプレゼントを準備しました。

ゼロだけでなく、ビゴーレのどの自転車も乗り手の一部になれるよう、一台づつ京都/東京で制作しています。あなただけのとっておきの一台。ずっと乗り続けてもらう為に、ビゴーレは頑張っています。

今年も後わずかですが、最後まで一台を作っています。
ぜひ、すてきなとっておきに乗ってください。

最近、リクエストのあったので、こんなものを試しに組んでみました。ビゴーレバイクのユーティリティ車です。
後ろの荷台部は、XTRACYCLE社のユニット。
見た目は意外とすんなりおさまりました。フレームカラーもあまり派手にするのではなく、抑えめの墨色。(写真では分かりにくいですが、黒ではないのです。)

 

舗装路だけでなく、近くの山道も走行テストしてみました。
まずは、ホイールベースが後ろに伸びた分、回転半径も大きくなり取り回しが大振りになります。(当たり前の話ですが。。)そして、全体に対して重心位置は前方気味なのですが、荷物を載せてちょうど良いバランスとなるようです。ゆえに、荷物を載せずに走るとリアタイヤのトラクションがかかりきらない感じがあります。でも、荷物を積載してもその重量感はあまり感じず、まさに運搬用としての活用にはちょうど良いのではないでしょうか。ビゴーレの独特の乗り味とトレードオフしなければなりませんが、荷物をゆったり運びたい人は、一度試してみてもよいかもしれません。

UTB-0が、グッドデザイン賞に続き日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)から後世に残すデザインとしてピックアップされる”JIDA ミュージアムセレクション Vol.11”に選定され、3月10日(水)から東京の芝浦工業大学の芝浦キャンパスにて開催される”JIDA デザインミュージアムセレクション Vol.11 東京展“に出展することが決まりました。

JIDA デザインミュージアムセレクション Vol.11 
東京展
■ 展テーマ: 美しく豊かな生活をめざして 
■ 選定品数: 展示品数:55商品(48社)
■ 開催場所: 芝浦工業大学・芝浦キャンパス・1階エントランスホール
〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14
■ 共催: 芝浦工業大学
■ 開催会期: 2010年3月10日(水)~15日(月)
10:00~19:30  ※土日開催
■ 観覧料:無料
■ 主催者: お問合せ・お申込み先

社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会 住所: 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4階
電話: 03-3587-6391 FAX: 03-3587-6393 
E-Mail: jidasec@jida.or.jp
HPアドレス:http://www.jida.or.jp/

展覧会について
http://jida-dm.syncline.jp/6-3-1.html

何の付加的装備のない”ただの自転車”が、これからの時代にとって重要なファクターであると認めていただいたことは、とてもうれしいとともに感慨深いものがあります。
走りの性能がそのまま外見に表出する自転車だからこそ、その繊細なプロポーションバランスのちがいを感じていただきたいです。 

会期にお近くにお越しの際は、ぜひ覗いてみてください。

VIGOREのUTB-0が、2009年度グッドデザイン賞で特別賞(中小企業庁長官賞)を受賞しました。
応募総数約3000点の中でグッドデザイン賞を受賞できるのは、約1000点。その中で金賞15点も含めた特別賞が全ジャンルの中で約30点ほど(2008年度実績)。ハイテク機器が全盛の中、これまでの自転車発展の象徴たる諸々の装備を排除し、きわめて原始的なUTB-0が、グッドデザイン賞の特別賞に選ばれて大変嬉しく思っております。
UTB-0は、自転車を走るための道具として見直し、「走る」ことを純粋に感じ取り体験するために、道具としての精度に拘りました。それは、十徳ナイフをつくるのではなく、単刃の包丁を磨き上げる事に徹するような事。見た目はただの自転車と変わらないかもしれません。しかし、その容姿の下に眠る道具としての精度は、乗る人の「走る」体験を増幅します。意匠や装備でごまかすのでなく、自転車として直球勝負が認められたことはある意味意外でした。
私たちにとって「デザインする」は、決して表面上のものではなく、そのものの存在意義や社会性まで含めて考え、もの(こと)を生み出す事であると捉えています。そういった姿勢で取り組んでいることも含めて今回の受賞は、私たちにとって意義深いです。
今後もよい自転車づくりに邁進してまいりますのでよろしくお願いします。

また本年度のグッドデザイン賞の特別賞受賞作品を中心とした約80点を展示した” GOOD DESIGN EXHIBITION 2009”に私たちのUTB-0も出展しております。お時間があれば是非お立ち寄りください。 
■会期 2009年10月1日(木) ~ 11月8日(日)  11:00~19:00 入場無料 
■会場 東京ミッドタウン・デザインハブ (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階)

ついに明日から開催のグッドデザインエキスポ2009ですが、VIGOREのUTB-0も出展準備をして参りました。今回の出展車は、プレミアムシルバーのアグレッシブ・ルックス。
他には、ブリジストン、パナソニック、サンヨー(今回はエネループバイクの出展)等々大手の自転車が並べられる中、ちょっと異彩を放っております。

 

性能はもちろんのこと、今回は特別にデザインコンセプトをもう一度整理し、提案しています。
UTB-0に乗る理由とは?
シングルスピードの自転車が増える中、このUTB-0でなくては味わえないもの。それは、乗り手と自転車との一体感。
これだけ様々な自転車が溢れていて、新たに道具として優れたものとは何なのだろうか。
私たちは装備を増やすのではなく、乗る事を純粋に楽しんでもらうための探求なのです。
それは、優れた刃物がただ切るという事のために鍛え上げられ、それを使う時はその存在を感じさせないような、そんな自転車を目指した形だったのだと改めて自分たちで納得しました。
サーファーがボードと一体になって波に乗るようにUTB-0と一体になって「街乗り」を楽しんでほしいのです。詳しくは、エキスポで。

 

また今回の展示車は、これまでのフレーム仕様とは外見が若干異なります。何が違うか見つけてみてください。(完全に間違い探しのような領域です。)
8月の28日の夕方から一般公開が始まります。
これからのデザインの動向が分かる日本最大のデザインの祭典。ご近所までお立寄の際は、一度UTB-0のブースものぞいてやってください。
詳細は、
http://www.g-mark.org/expo/2009/
http://www.g-mark.org/nominate/detail.html?entryNo=G0710006
お越しの際は、入場が半額になる割引チケットを下記からDLしてもらえればお得に入場して頂けます。http://www.g-mark.org/expo/2009/ticket.html

UTB-0の完成車が、いろいろ出来上がってきましたので、これまでのものをいくつかピックアッップしてご紹介します。
まずは、つや消しシルバーにドロップハンドルと組み合わせ、近未来っぽく仕上げた一台。つや消しシルバーは、フレームの凹凸が顕著に表れるので、このフレームは下地を更に磨き上げての仕上げとなりました。その分、フレームの本来持っていたラインが強調され、フィレットの流れるような感じがより表出した感じになって、みな大満足。

 

同じZEROでも、GEISHA LOOKSとは、また一線を画したものとなりました。先日東京で代官山や原宿、渋谷辺りをGEISHA-LOOKSの完成車と二台で移動に使用しましたが、シンプルに纏まった車体は、色の多いバイクに比べて、ひときわ異彩を放っていました。(逆に目立ってしまい、少々はずかしかったです。)現在、また東京に貸出し中ですが、京都に戻ってきた暁には、一度現物を見て欲しい一台です。
(完成車合計¥358,968- (税込、塗装オプション込) )

 

こちらは、写真では分かり難いですが、「墨色」(濃いグレー)に蛍光ピンクが印象的。パーツ類は、お客様の持込みで、京都店で組付けとなった一台です。
フレーム+フォークセット 128,000円+組付工賃で仕上がりました。

 

これは、先日UTB-0を紹介して頂いた雑誌HUGEに掲載された色にしてほしいというお客さんの要望で、マスタードカラーをより明度を上げた色で仕上げました。(GQに掲載されのは、GEISHA-LOOKSでマスタードカラーだったのですが。。印刷の都合でもとの色とは「少々」異なるかんじでした。)
(完成車合計¥255,570-(税込、リム塗装オプション込))

 

グラデーションのオーダーもありました。
このリムもリヤは、オーダーカラーで仕上げ、お客様の持ち込まれたスケッチをもとに、まさに思い通りの一台になりました。
(完成車合計¥279,720-(税込、フレーム/リム塗装オプション込))

 

こんなPOPなものもあります。
グリーンに白をアクセントにアッセンブル。今っぽく派手にしたつもりが、VIGOREのフィルタにかかると爽やかに纏まってしまいました。
TOMSONのシートピラーにステム、San Marco のConcorのサドルとポイントは品良く仕上げています。
(完成車合計¥259,140-(税込))

最近、スタッフは皆このZEROに跨がって京都や東京を疾走しています。ZEROならではの楽しみが、それぞれの街で見つけられましたので、またお伝えしますね。
今回UTB-0は多くのメディアで紹介して頂いています。先ほどのHUGEをはじめ、これから発売のGQ JAPANELLE DECO、(順不同/敬称略)でちょこっとですが取り上げて頂いています。
これまでにない自転車とのつきあい方として、コアなユーザーはもちろんのこと、少しでも「自転車に乗る」生活を大切にしたいと思うひとに感じてもらえればと思います。

片岡がフィクスドギアの在り方について提案したコンセプトバイク”GEISHA”を去年のインターナショナルサイクルショー@台北で発表してから一年。私たちの予想以上に反響を頂き、これは少しでも皆さんに乗って頂けるようにと、いろいろ試行錯誤し、漸く数量限定ながら生産にこぎ着けました。
そして今年のサイクルショーでその最終サンプルモデルのお披露目となりました。
名前も新たに “UTB-0 (zero)“。
VIGOREでは、これまでも街での自転車に乗るという事について真摯に向き合って、それまでの競技車両の開発で培ったノウハウを日常から楽しんでもらう為に活かす努力を進めてきました。

 

そしてそのVIGOREの在り方として、MTBやロード、ピスト、クロスバイクというこれまでの枠組みに囚われる事無く、原点に立ち返り、自転車の新しい楽しみとしての”UTB-Urban Terrein Bike”を提唱し、それを具現化した第一号車としての”UTB-0″。GEISHAの設計をそのまま引き継ぎつつ、さら都市という地形を余す事無く楽しむための装置となれればと考えてます。
今回サイクルショーでは、2種の完成車を展示しました。
一台は、これまでのGEISHAのスタイルを踏襲した”GEISHA-Style”。コンセプトバイクGEISHAのイメージのまま組んでみました。

 

二台目は、”LUXURY-Style”(まだ正式名称ではないです…)。 フレームの持つ操作性の良さと強靭性という特性を活かして、街の移動を快適にし、これまで走れなかった場所までも自分の道にしてもらえればと思っています。
今回のUTB-0フレームは、見た目はフルクロモリ素材の様に見えますが、実はフレームはアルミ、フォークはクロモリ というこれまでに無いmixed material フレームです。これは、形式に拘らず必要なものを必要なところにという片岡のごく自然な答えでした。もちろん細いシルエットでも強度を保つために、チューブの内側は考えられない程筋肉質です。質の向上以上に街を駆け抜けるための洗練されたプロポーションを保つ事を片岡は諦めていません。

 

今回サイクルショーでUTB-0のお披露目の場所は決して大きなブースとは言えませんでしたが、この才色兼備のバイクに、サイクルショーの会期中は国を超えて多くの人が興味をもって接して頂きました。説明用に準備したリーフ(チラシ)も最終日を待たずして無くなってしまい、私たちが想定していた以上の好評で大変ありがたく思っております。

 

雰囲気で直感的に気に入ってもらえる方から、細かい仕上げに見入っていかれる方まで様々。いつもより多い人数で現地へ乗り込みましたが、皆常に対応に追われて、恥ずかしながら終始ばたばたしてしまいました。

 

韓国のディストリビューターは、ゆっくり噛みしめるように試乗していかれましたが、これをみて他の関係者も乗せてほしいとのことで、ごった返す会場の隙をみて、ひやひやのプチ試乗会も実施。

 

ショーで一般のお客様が入場終了後は、他のブースのスタッフが乗りに来られる始末。連日帰り仕舞が遅れて警備員さんに追い出されるように会場を後をしてました。。
いろいろありましたが、多くの国の人に喜んでもらえて私たちも大満足のショーでした。

さて、このフレームですが今回M(480mm)、L(510mm)2サイズ展開で合計50本制作しています。現在、購入希望の方のために4月初旬を目処に予約受付の準備をしております。
価格は、フレーム+フォークセットで128,000円(税込)。受付は、VIGORE京都本店と東京のFIG BIKEさん各店限定とし、受付は先着順、お渡しは5月中旬以降(現状では生産の都合で前後する可能性があります。)予定です。
現在京都本店には、LUXURY-Stleの最終サンプルがあり、来週中旬以降にはFIGBIKEさんにGEISHA-Styleの最終サンプルが試乗確認して頂けるよう準備中です。詳細は、各店にご確認ください。
申し込み詳細は、また本ホームページにて公開いたしますので今しばらくお待ちください。


UTBについては、下記のページをご参照ください。
>> UTB?

  • back to Index

↑ 上にもどる