山と旅。の自転車 Basic fr. ATB TOURER

山と旅の自転車

毎日乗れる自転車をつくる。

山にいく。旅にでる。
どちらも人と競うものではありませんが、
どちらも未知の地を楽しむということでは、信頼できる道具が大切。
信頼できる道具とは、丈夫であること。その道具の勝手をよく知っていること。
だから、ビゴーレは山と旅の自転車を考えるとき、丈夫であるのはもちろんの事、毎日使える道具づくりを目指しました。毎日使っている道具だからこそ、旅の時には良き相棒となってくれるはずなのです。

ちょうどいい自転車

その自転車は、競技車として特化させるのではなく、毎日使えるために必要な性能が、長すぎず、短すぎず、「ちょうどいい」を目指しました。
それは、ロードバイクのように究極の高速走行性を目指すわけではなく、マウンテンバイクのようにどんな悪路ででも走れる究極の操作性を目指すわけでもありません。でも、旅では軽快に走ることも少々の悪路でも走り抜けることも、どちらも大切です。
だから、この山と旅の自転車はどちらの性能もちょうどいいように盛込みました。ロードバイクまでには至らぬものの、長距離を走る事が楽しくなるようなペタリングの快適性、マウンテンバイク程素早いハンドルさばきではなくても、林道や山道を駆け抜けるには十分な操作性。どちらの性能もそれぞれに特化した自転車には叶いませんが、山登りと旅という競技ではないスポーツにとってはどちらも十二分に満足できる「ちょうどいい」自転車なのです。

ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取り

この自転車は、いわばロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取り。
しっかりとした堅牢性を保つために、設計の基本となったのはマウンテンバイクのBasicFRです。そもそもロードバイクのような乗り心地を目指したマウンテンバイクだったBasicFRのフレーム(骨組)をよりロードバイクに近いペタリングが可能となるように設計変更し、新しく”Basic FR Horizontal(ベーシック・エフアール・ホリゾンタル)”という専用 フレームをつくりました。その新フレームは、ドロップハンドルを取付けたときのライディング・ポジション(乗った時の姿勢)が、ロードバイク・ポジション(ペタリングを重視した姿勢)とマウンテンバイク・ポジション(操作性を重視した姿勢)の間になる、”サイクリング(ツーリング)・ポジション”を取れるように設定しています。さらに、ドロップハンドルが装着したときは、平坦な道のみならず様々な峠や下りに適したポジションを取る事が可能です。
なので、街中での高速走行から、林道や山道でのトレッキング(山行)走行までを一台で柔軟に対応できる自転車となりました。
そして、完成車の山と旅の自転車は、この新フレームにロードバイク用のパーツを組付け、長旅での気持ちよい速度での走行を可能としています。

旅にちょうどいいものは毎日にもちょうどいい。

こうして生まれたちょうどいい自転車は、毎日の使い勝手にもちょうどいい自転車です。荷物を積んでの街中での高速走行だけでなく、舗装路を外れた裏道や河川敷、あぜ道を駆け抜けることもできるんです。ちょっとした移動でもどの道を走ろうかとわくわくしてきます。 また、毎日乗ってもらう事で、その自転車を乗りこなせるようになり、いざ旅に出た時にも信頼のできる道具の一員となるはずです。思い立ったら、様々なところに取付可能な荷台に多くの荷物を積んですぐにサイクリング・キャンプにも出かけられます。 痛んでも直せます。古くなったら、新しい部品を付けて復活させるもできます。永きに渡ってあなたの日々の、そして旅のよきパートナーとなる一台。 車では味わえない旅の愉しみを満喫させる道具がここにあります。

これまでWhat’s hotでこの自転車が生まれるまでを追いかけていました。 その記事はこちら →

■全グレード共通
フレーム  :ベーシック・エフアール・ホリゾンタル フレーム
フォーク  :オリジナル・クロモリ フォーク
サイズ   :2サイズ SM(490mm,適合身長158-173cm) ML(530mm、適合身長170-183cm)
※SM(490mm)サイズには、ステム:90mm/ハンドル幅:400mm(パイプ中心間距離)
ML(530mm)サイズには、ステム:100mm/ハンドル幅:420mm(パイプ中心間距離)
が標準で付属します。

Style e

(標準フレーム,主なコンポーネント : SHIMANO Claris/STIレバー)

標準ベーシック・エフアール エーティービー ツアラーフレームにシマノのロードパーツ”クラリス”を組付けた、エントリー・グレード、モデルe。アッセンブルパーツ(駆動、制動系部品)は、前モデルから制作制度が向上したクラリスで、街中でのスポーツライドを存分に楽しんでもらえるモデルです。また、気軽に未舗装路も走れて行動範囲が広がる一台です。本完成車の変速レバーはSTIレバー、ブレーキ本体はカンチ・ブレーキ仕様となります。タイヤはスリックタイヤ(1.5インチ幅)とブロックタイヤ(2.0インチ幅/2.1インチ幅 ※2.0インチ幅は価格オプション)より選択可能。
※リアエンド部にキャリアダボあり。

Basic fr. ATB TOURER Style e

Style TS

(標準フレーム,コンポーネント : SHIMANO Tiagra/STIレバー) 

標準ベーシック・エフアール エーティービー ツアラーフレームにシマノのロードパーツ”ティアグラ”を組付けた、ツーリングスポーツ・グレード、model TS。街での移動はもちろんリアキャリアやパニアバッグ(オプション項目で選択可能)をアッセンブルすれば本格的なツーリングまでカバーできる一台です。また標準タイヤ仕様なら砂利路や林道の走行も可能です。本完成車の変速レバーはSTIレバー、ブレーキ本体はカンチブレーキ仕様となります。モデルTSの標準タイヤはブロックタイヤ(2.0インチ幅)ですがスリックタイヤ(1.5インチ幅)も選択可能です。
※リアエンド部にキャリアダボあり。

Style TS

Option (Basic fr. ATB TOURER専用オプション)

ベーシック・エフアール エーティービー ツアラー完成車と併せて下記のオプションが選択できます。
ご希望のオプションを完成車購入時に一緒にカートの中へお入れください。

【オーダーカラーを注文される際のご注意(お読みください)】
※オーダーカラーの画像の色はお使いのモニタによって見え方が異なります。
また塗装の時期、気候によっても仕上がりが若干異なる事が有りますので、予めご了承ください。(無地色については、各色に指示されている日塗工の番号で参照いただけると、より仕上がりに近い色を確認いただけます。メタリック等の特殊色については、日塗工番号はございませんので悪しからずご了承ください。)

※オーダーカラーオプションは、1台あたり1項目でお願いします。(複数選択の場合は、無効となります。)

オーダーカラー option

キャンディ(小粒)

フレームのカラーを選択できます。
つや有りのキャンディ(小粒)カラーです。銀紙の上からカラーセロファンをかぶせたような透明感のある色です。大粒のものよりも落ち着いた大人向けのキャンディです。
価格: +30,000円(税込32,400円)

オーダーカラー option キャンディ(小粒)

ロゴマーク option

フレームのロゴカラーを選択できます。
白/黒:メインロゴを含む全てのロゴ
黒金/金緑:メインロゴ以外は金
銀緑:メインロゴ以外は銀

ロゴマーク option

タイヤ option

タイヤを選択できます。
※下記のオプション価格は前後2本の価格になります。

タイヤ option

サドル option

サドルを選択できます。

サドル option

バーテープ option

バーテープを選択できます。

バーテープ option

リアキャリア option

リアキャリアを選択できます。
丈夫で耐過重に優れた軽量リアキャリア。(シルバーカラー選択可(画像無し))
価格:+23,000円(税込24,840円/シートステイバンド込)

リアキャリア option

フロントバッグ option

フロントバッグを選択できます。
ハンドル部分に固定し簡単に脱着できるツーリングに最適なフロントバッグ。
価格:+13,800円(税込14,904円)

フロントバッグ option

パニアバッグ option

パニアバッグ(リアバッグ)を選択できます。
・ORTLIEB 社バッグローラーB&W:リアキャリアの脱着がワンタッチで出来るパニアバッグのスタンダードモデル。
・Cosset-Bags:ベルクロ3点で簡単にキャリアに取り付けられるキャンバス製(撥水加工済み)のパニアバッグ。3サイズ。

パニアバッグ option

フロントバッグ&パニアバッグセット option

フロントバッグ&パニアバッグセットを選択できます。
上記のORTLIEBフロントバッグ(アルティメイト6クラシック)とORTLIEBパニアバッグ (バッグローラーB&W/左右2個組)のセット。
カラーはブラック。
価格:+34,800円(税込37,584円)

フロントバッグ&パニアバッグセット option

TOPへ戻る

ストアご利用ガイド