1台ずつ、つくる。 1台ずつ、つくる。 1台ずつ、つくる。

オーナーとなるその人の為に一台一台つくる。

ビゴーレの自転車は、すべて注文を受けてからつくります。
可能な限り、乗り手一人一人のリクエストに応える為です。
山で、街で、こんな乗りかたをたのしみたい。
ひとりひとりの自転車への想いを少しでも自転車に反映すべく、京都で一台ずつ。

効率的ではないかもしれませんが、
道具に人が合わせるのではなく、真に人の為の道具となるためにがんばっています。
同じように見えても使ってこそ分かる本物としての道具づくりを目指して今日も自転車づくりに勤しんでいます。

  •  
  • back to Index
  • 自転車に乗るという生き方

↑ 上にもどる