クロモリ製ロードバイク
CrMo Racer
クロモリレーサー

クロモリ製ロードバイク
CrMo Racer
クロモリレーサー
NEW
DESIGN
他のクロモリとは違うビゴーレのクロモリ製ロードバイク。「まるで後ろから押されているよう」

NEW DESIGN

四半世紀前から常にアップグレードされる設計

「クロモリレーサー」は2021年に30周年を迎え、常に設計にアップグレードを加えています。
これまでのクロモリレーサーのフレームとフォークは以前までのコンポーネントやホイールの使用を想定し伝統的な剛性のバランスで設計していました。
現在ではその頃からコンポーネントやホイールの設計も随分変わりました。
フロントフォークのパイプは肉厚を薄くし、外径を太くすることによって剛性が上がり、また軽量になりました。
また、フレームも現在の高剛性の部品の性能を十分活かす為、乗り手の力を最大限に発揮できるバランスのいいものに仕上げるためにビゴーレの経験が存分に活かされています。
この新しいフレームとフォークは、クッション性(快適性)と剛性のバランスが良く、乗り手の力を確実に前に進む力に変換する良く走る自転車へと生まれ変わりました。
従来からの美しいシルエットを残しつつ、その時代に合わせたデザイン性の高いビゴーレのベストセラーです。

  • 新フロントフォーク
  • タイヤの選択も自由に
  • 精度の高さでできること
  • キャリパーブレーキである理由
  • 穴の位置まで繊細
  • 完成車としてのパーツ構成
  • TIG溶接
タイヤ自体で地面からのショックを吸収できるようになりました。

これまでのクロモリ・レーサーのフロントフォークは23c幅までのタイヤの使用を想定し伝統的な剛性のバランスで設計していました。
以前はフロントフォークである程度地面からのショックを吸収していたのですが、最近、25〜28c幅の以前より少し太いタイヤが主流になってきてタイヤ自体で地面からのショックを吸収できるようになりました。
そこで、パイプの肉厚を薄くし(1.2mmから0.9mmへ)、外径を少し太くすることによって剛性の高く(特に横剛性)、かつ軽量なフロントフォークに設計変更しました。

今回より28c幅までのタイヤの装着が可能に。

以前のクロモリ・レーサーの最大装着タイヤ幅は26c幅まででしたが、今回より28c幅までのタイヤの装着が可能になりました。
タイヤ径を乗り方に合わせ変更することで、スピード感のあるレース走行から、普段の生活、そして荷物を積んだサイクリングまで幅広く対応する事ができます。
(推奨タイヤ幅:700c×25c〜28c)

精度が高いから、ピタッと収まる。

精度が高いから、ピタッと収まる。

実は、クロモリレーサーが生まれた四半世紀前から、制作精度は高いものでした。
それがよく分かるのが後輪部をとめるエンドと言われる部分。
左の写真は、1990年代まで遡りますが、それまでの一般的な形であった「ロードエンド」。後輪の中信軸を後から調整できるよう、軸受部に調整用ネジがついています。
それに対して、クロモリ・レーサーは、マウンテンバイクなどと同じストレート・ドロップエンド。これは製作時に後輪の中心軸がきちり精度が出ているため、ただはめ込むだけです。このタイプをロードに使い出したのは、もちろんビゴーレが初めて。それだけ、ビゴーレのフレーム作りに自信がありましたし、今もその誇りは変わりません。

「踏んだときに良く進む」自転車の完成形。

クロモリ・レーサーはキャリパーブレーキ(リムブレーキ)を採用しています。
それはクロモリ製のロードバイクとして培ってきた全体のバランス(剛性・軽量・バネ感・ショック吸収性)を崩さず、その素材を最大限に活かした「踏んだときに良く進む」自転車の完成形だからなのです。

ちょっとした所も気遣いを。

ちょっとした所も気遣いを。

走りやすさを追求するためには、微細なこともきちりと考えます。
たとえば、自転車フレームは、全体の剛性/バネ感に大きな影響を与える要素なので、そこにあける穴一つも影響の極力ないところに設定しています。またそれは、ブレーキのかけやすさにも影響を及ぼすのでその点も考慮しなくてはいけません。
一つの事でも複数の要因を念頭に置き、全てに良い状態になるようになっています。

ハンドル回りもトータルバランス

ハンドル回りもトータルバランス

完成車の部品は全て、トータルの性能を発揮する為に一品一品選び抜かれています。 たとえば、ハンドル回りもフォークからステム、ブレーキのコンビネーション、さらには、メンテナンス性(ヘッド調整やハンドル交換等)を検討した結果、今の組み合わせとなっています。現行のパーツに合わせて性能が十分に出るよう、一品一品、他のパーツとの整合性を考えながら組み合わせています。 多様なスタイルを何気なくこなせるのには、 全てにおいてのバランスを検討した結果なのです。

フレーム製作に自由度を。だから、TIG溶接

思い通りの設計を行う。特に競技車両を制作する場合には重要となります。 言葉では簡単そうですが実際にものを作るとなると様々な制約が出てきます。 自転車はシンプルな形状のためごまかしが効かず、それぞれの持つ寸法が大変重要になります。その設計に大きな足枷(あしかせ)となったのが、ラグの存在でした。チューブ間を接合するための継手としてのラグは、その形状が決まっているため、チューブ同士の繊細な角度による接合を表現するには不向きな方法でした。そこで思い通りの設計角で接合するために、まだ一般的ではなかったTiG溶接を用いることによって、自由な設計角を設定することができ、VIGOREはこれまでに無い乗り心地を追求し表現できるようになりました。

FITTING

体に合う自転車。
クロモリレーサーのフィッティング思想

どんなに良い自転車でも体にあっていなくては、その性能を十分に発揮できないことは、はっきりしています。
VIGOREは乗り手と自転車のフィッティングを重要視し、クロモリレーサーでは5サイズのフレームと7サイズのステムによって、
体型だけでなく、その人の乗り方、能力に合わせて一台一台制作しています。

SPEC

フレームスペック

spec
 

(単位:mm)

SIZE(A) B C D E F G H I J
450 509.0 499.1 569.0 405 45 68 71.5° 75° 80.8
490 514.4 511.0 574.8 405 45 70 72° 75° 85.0
520 530.0 530.0 586.3 405 45 70 72° 75° 98.0
550 555.0 555.0 603.1 405 45 70 72° 74° 126.0
580 575.0 575.0 624.1 405 45 70 72° 74° 157.0
       
SIZE(A) B C D E
450 509.0 499.1 569.0 405
490 514.4 511.0 574.8 405
520 530.0 530.0 586.3 405
550 555.0 555.0 603.1 405
580 575.0 575.0 624.1 405
SIZE(F) G H IJ
45 68 71.5° 75° 80.8
45 70 72° 75° 85.0
45 70 72° 75° 98.0
45 70 72° 74° 126.0
45 70 72° 74° 157.0
[ TUBING SPECIFICATION ]

Tubing : Cromo DB

Down : φ28.6

Top : φ25.4

Seat : φ28.6

Head : 1"(ITA)

Seat stay : φ16 (round)

Chain stay : φ22.2 (oval)

 

 

Seat post : φ27.2

B.B.Weith : 68.0 (mm) jis

Frame size (mm) : 450、490、520、550、580

Color : MONO (白/黒)COLOR (カラー)

適合身長表
       
  • 450

  • 490

  • 520

  • 550

  • 580

※その他、オーダー加工対応、プレミアム塗装(パール、メタリック等)については、事前に確認ください。
※フレームの仕様は、予告無く変更することが有りますので予めご了承ください。

フレーム価格
       
MONO(白/黒) COLOR(カラー)
フレーム+フォーク Set 90,000円
(税込99,000円)
117,000円~
(税込128,700円~)

ITEM

  • クロモリレーサー Grade e

    クロモリレーサー Grade e

    187,000円(内税)

    日常の移動を中心とし、休日サイクリングも楽しめるグレードです。
    リア変速機は8段のSHIMANO”Claris(クラリス)”を組み付け、リーズナブルな価格ながら、クロモリレーサーの高い性能を堪能出来ます。
    毎日を気持ちよく走りたい、移動自体が楽しくなる1台です。

  • クロモリレーサー Grade e+

    クロモリレーサー Grade e+

    209,000円(内税)

    SHIMANO のエントリースポーツコンポーネントの“SORA(ソラ)”を組み付けたグレード。
    リア変速機はこのモデルから9速となり、アップダウンも気持ちよく乗りこなせます。
    日常の移動だけでなく、ちょっとその先に足を伸ばして自転車の世界を広げたいあなたにぴったりな1台です。

  • クロモリレーサー Grade RS

    クロモリレーサー Grade RS

    264,000円(内税)

    自転車をスポーツとして楽しめるグレード。
    充分な耐久性を持ったSHIMANO “105”を組み付け、リア変速機11段で、日常の移動から長距離のツーリング、本格的なロングライドイベントまで難なくこなすマルチな1台です。VIGOREオススメのグレードです。

  • クロモリレーサー Grade RS+

    クロモリレーサー Grade RS+

    589,160円(内税)+別途フレームカラー代

    SHIMANO ULTEGRA(アルテグラ)を付けた、純スポーツグレード。
    電動変速仕様でリア変速機は12速のULTEGRAをアッセンブルすることで、ツーリングからロードレースまで自転車を一体となり思うがままに操る事が出来ます。(Grade RS+完成車のフレームは電動変速仕様となります。)

  •        
           

    クロモリレーサー frame

  •        
           

    クロモリレーサー frame Di2仕様

CrMoracer KYOTO Collection 時に流されないもの

KYOTO Collectionは、京の持つ世界観をビゴーレの感性によって仕上げた、クロモリレーサーのコンセプトシリーズです。

vigore instagram
vigore facebook
 
vigore twitter
vigore line