みなさん、お待たせしました。
ようやく山と旅の自転車がみなさんにお渡しできる形になりました。
正式名称は、Basic FR ATB TOURER(ベーシック・エフアール・エーティービー・ツアラー)。
ビゴーレのクロモリ製マウンテンバイク、ベーシック・エフアールの一員です。
ATBとは、All Terrain Bikeの略称。マウンテンバイクの黎明期にマウンテンバイクがATBと呼ばれていました。その時代から約30年、ビゴーレが考える「どこでも走れる」は、ただ走るだけでなく、どこでも“気持ちよく”走れることを目指し、舗装路から林道、山道のその全てをフィールドとした今回の山と旅の自転車にATBの称号 をつけました。
この「どこでも気持ちよく走れる」ため、
これまでの競技車の様に何かに特化させる設計(ロードの場合は速さを求めてペダリングを重視したり、マウンテンバイクの場合は、操作性を高めるポジションをとれる設計であったり)ではなく、速さも操作性も“ちょうどいい”を意識した設計です。

旅もトレッキングもスポーツではあるものの、極限を競うものではないという視点に立ち返り、
ロードほど速くなくてもいいし、マウンテンバイク程究極の操作性を求められない、その中でこの自転車に求められるちょうどいい速さと操作性を実現させました。(具体的には、舗装路で時速25Kmほどで気持ちよく走り続けられること、旅先での行動範囲を広げるために林道や山道を気持ちよく走れるような操作性を有する事です。そのために、ドロップハンドルを取付けた時のライディングポジションをサイクリング(ツーリング)ポジションとなるようなジオメトリにてフレームを新設計しました。)

そして、その事は開発でもう一つ心がけていた「毎日乗れる」ことを実現できました。
山行時も旅先でもその体験を支えるものは使い慣れた道具。丈夫である事はもちろんのこと、毎日使っていて使いやすく使い慣れたものだからこそ、道具のことに頓着する事無く旅を満喫できるはず。道具を使う事を意識させない道具づくりは、毎日でも使えるということと同義と考えていました。そして、この山と旅の自転車は毎日にでも乗ってもらうことにも“ちょうどいい”自転車となりました。
もちろん、これまでのビゴーレのバイクと同じく買ってからも修理、自分の乗り方に合わせてアップグレードやカスタマイズしたり、自分だけの道具に育てていく事も可能です。永い付き合いができる相棒です。

丈夫、乗りやすい、きもちいい。
毎日乗れる、ちょうどいい山と旅の自転車ができあがりました。

今回は、より旅向けの仕様を意識したスタイルTSと、舗装路が主体で楽しんでもらえるスタイルeの2グレードを準備しています。 (もちろん、各グレードはアップグレード/カスタマイズが可能な仕様となっております。)
フレームは新設計の専用フレームで、トップチューブが水平なクロモリ製マウンテンバイクフレーム、“Basic FR Horizontal フレーム”となり、サイズは2サイズ、SM(490mm,適合身長158-173cm)/ML(530mm、適合身長170-183cm)です。キャリア取付用のダボも標準で付いていますので、前後共にキャリアを取り付ける事が可能、テントや寝袋からキャンプ道具一式を積載して未開の地へ乗り込む事も可能です。
ただ、新作ということもあり多くつくる事ができず、今回は各サイズ25本ずつ、計50本のみの限定生産となっています。

毎日乗って、
ふと旅に出たいときにそのまま乗っていける。 
山と旅の自転車は、あなたの旅を思い立ったときに始めさせてくれるはずです。

【Basic FR ATB TOURER (山と旅の自転車)概要】

グレード:2グレード 
[スタイルe ] 価格:¥149,000(税込)
主な仕様

コンポーネント概要 : SHIMANO Claris(フロント2速×リア8速の変速機、STIレバー仕様)

ホイール : SHIMANO アセラハブ+AlexRims
タイヤ : WTB 26×1.5インチ / 2.1インチ(選択可能)
サドル : VIGORE recommended
ペダル : VIGORE recommended

サイズ:SM(490mm、適合身長158-173cm)/ML(530mm、適合身長170-183cm)
カラー:KURO/SHIRO/オーダーカラー(オプション)

 

 前回、テストライドに出てもらったのは、このスタイルeのモデルです。これでも十分に走れる事を証明してもらいましたが、さらにこの時のコメントを反映させて作ったのがスタイルTSです。

[スタイルTS] 価格:¥179,000(税込) (イメージ:一番最初の画像(オプション装着あり))
主な仕様
コンポーネント概要 : SHIMANO Tiagra(フロント2速×リア10速の変速機、STIレバー仕様)

ホイール : SHIMANO デオーレハブ+Mavic
タイヤ : KENDA KozmikLiteII 26×1.75(WTB26×2.1ブロック/26×1.5スリックも選択可能)

サドル : VIGORE recommended
ペダル : ミカシマ ツーリングペダル

サイズ:SM(490mm、適合身長158-173cm)/ML(530mm、適合身長170-183cm)
カラー:KURO/SHIRO/オーダーカラー(オプション)

 

今回は、専用のフレームカラーオプションを用意しました。その名もキャンディ(小粒)。
粒子の細かいシルバーの上からカラークリアを塗布、銀紙の上からカラーセロファンを巻いたような仕上がりです。80年代のビゴーレ車に良く使われていた塗装の復刻で、現在のオプションのキャンディよりも落ち着いた雰囲気 。今回の山旅車の構想は実は80年代からあり、それが漸く実現したことを記念してこの色を追加し、当時に思いを馳せてみました。小粒だけに大人のキャンディに仕上がります。

 

 

そして同じく80年代に良く使われていた黒-金のロゴマークを準備しています。この黒−金、金−緑、銀−緑のロゴマークは10月末まで数量限定で発売記念として無償オプションとして提供します。(通常+6,480円の有償オプション)

 

本日より、ウェブストアにて購入可能となっています。山と旅の完成車詳細の確認ならびにご購入は、下記のリンク先からどうぞ。

山と旅の完成車のご購入はこちらから→

 

また、今回のBasic FR ATB TOURER(山と旅の自転車)の完成車販売と併せて、このベースフレームとなる“Basic FR Horizontal フレーム”(フレーム/フォークセット)も近日発売予定です(京都本店では本日より販売開始)。これまでの乗られていた自転車からの乗換用として、また余剰パーツを活用して新しい自転車をリーズナブルに入手していただけるようにご準備しています。(カラーオプションも対応、完成車同様、ロゴマークオプションプレゼントあり。)しばしお待ちください。
※組替え、パーツ再利用については、パーツの適合の確認が必要ですので不明な方は予めご相談ください。

 

 既に京都本店ではお客さまからの予約分が組上げられていて、それぞれ個性的な完成車が仕上がってきています。

これは、常連のビゴーレオーナーの方の完成車です。

京都本店には試乗車も準備していますので、ぜひこの“ちょうどいい”自転車を試してみてください。マウンテンバイクでもなく、ロードバイクでもない、両方のいいとこどり自転車、きっと喜んでもらえるはずです。

山と旅の自転車は、50台(各サイズ25台、フレーム/完成車の合計数)のみとなり、店頭(京都本店/全特約店)、ウェブ・ストアで併売しており売り切れ次第終了となりますので、予めご了承ください。

 

思い立ったときに旅に出られるって、素敵じゃないですか?

 

 

2014.09.03|