What's Hot !

category「フレーム組み替え」の記事一覧

 

 

最近組み替えのご依頼をよく頂いていて、

今回は「クロモリ・レーサー」「山と旅の自転車プラス」への組み替えを紹介します。

 

 

まず1台目。

この方は高校の時、自転車競技部に入られていて、高校卒業の際にこのカーボンフレームの自転車を買われたそうです。

↑組み替え前

 

そして約10年程乗り続けて、最近はカーボンフレームの自転車だとなんだか早く走らないといけない気がして、そうじゃない一日を自分のペースで過ごせるクロモリのフレームを探されていたそうです。これからはこの「クロモリ・レーサー」を休日のリフレッシュの為に使っていきたいとの事でした。

↑組み替え後の「クロモリ・レーサー」

 

 

 

そして2台目。

以前の購入されたシクロクロスのようなグラベルロードバイクのような自転車。(この頃はまだはっきりとした定義がありませんでした)

↑組み替え前のフレーム

 

デザインや乗り味も含めて自分のライフスタイルに合った自転車を探されていて、この「山と旅の自転車プラス」に組み替えをされました。

毎日の移動にも使い、いずれ旅にも出てみたいとの事でした。

↑組み替え後の「山と旅の自転車プラス」

 

 

 

 

このお二人以外にも共通する事なんですが、少し前から(ご時世もありますが)一人でのんびりマイペースで走りながらその日を楽しむという方が多くなってきてます。

以前と走り方が変わったら自転車(フレーム)もそれに合ったものの方が乗っていて楽しいですからね。

 

今回紹介した2台の組み替え、パーツはなるべく付いてるものを使って組み替えしたいというリクエストで、フレームをご購入いただき、こちらで組み替えという内容でした。

 

ビゴーレのフレームは弊社のビゴーレ・ウェブストアでも販売していますので、組み替えなどの際には是非ご検討下さい。

 

 

 

ビゴーレ・ウェブストア「クロモリ・レーサー」フレーム+フォークはこちらより↓

 

ビゴーレ・ウェブストア「山と旅の自転車プラス」フレーム+フォークはこちらより↓

 

 

 

今持っている自転車をビゴーレに組み替えたいけど、どれくらいのパーツが流用出来るか分からないという方がいらっしゃいましたらこちらの京都本店までお持ちの自転車を持ち込んで頂きましたらお見積もりさせて頂きます。

 

また、京都本店に行く時間があまりない、遠方なのでとりあえず見積もりをしたい、という方はこちらのメールよりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

またまた「山と旅の自転車プラス」ネタです。

 

今回は組み替えのお話。

 

↑これはお客様が約20年前に完成車で購入されたマウンテンバイク。

コンポーネントやホイールなどを色々カスタムしてずっと乗ってこられました。(原形はほぼ無いそうです。)

そして数年前にその時のSHIMANO XTコンポーネントに入れ替えて上の画像の姿になったそう。

この自転車は普段通勤用として使ってられて、今回はさらに快適な通勤バイクにしたいとの事で「山と旅の自転車プラス」への組み替えとなりました。

組み替えに関してのご希望は現在付いているパーツをなるべく利用したいとの事。

 

 

そして組み替え後がこちら↓

 

組み替えに関して必要になったのは、フレーム・フォークの他にホイール周り・ディスクブレーキキャリパー・ワイヤー類など。

 

 

 

「山と旅の自転車プラス」のフレームはマウンテンバイクのコンポーネントでも付けられる設計になっていますので、組み替えをご検討されている方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談下さい

 

 

 

 

 

じぶんのための一台を探してビゴーレを訪れる方が多いのですが、夫婦やカップルで二人でビゴーレというのも結構有ります。じぶんの一台だけでなく、相手の分も一緒に悩んであげるというお二人の仲睦まじさがどのカップルも素敵です。自分のイメージと相手から見た自分のイメージが重なってできた一台はさらに思い深いものになっているようです。

このお二人もご夫婦でビゴーレに乗ってくれています。夫婦やカップルなら同じタイプのものを選んで一緒にサイクリング、という事なのですが、彼はロードバイク(M2A(販売終了))、彼女はマウンテンバイク(ベーシック・エフアール)と二人で違うビゴーレ。実は、購入当初は二人でベーシック・エフアールでしたが、ついついロードバイクに憧れた彼は、ロードへ乗りかえてしまったのです。でも一緒に乗るには、やっぱり困ります。そんな中、丁度良い“山旅車”がでてきたのでロード的にも楽しめて彼女と一緒にも走っていても楽しめるように今一度乗り換える事になりました。

今回は、元々ロードバイクに付いていたパーツを移植しての制作です。
山旅車は憧れていたクロモリ・レーサーの“鋼(はがね)”と同じ色にしました。パーツを取りはずされたフレームは、また次に必要になるまで大切に保管されるそうです。

 

 

 

出来上がった山旅車の試乗です。彼の喜びを一緒に感じるべく彼女もベーシック・エフアールで並走。彼のうれしさで緩んだ顔が彼女にもうつってしまいました。

 

 

 

お店の前で二人のお気に入りのビゴーレと記念撮影。彼女も自分の事のように大満足。これからはまた一緒に走る楽しみができました。

 

 

 

納車後も、お二人と話は弾み外は日が落ちてきてしまいました。
 この日は二人の気持ちが私たちにもうつってしまい、終いにはみながにやけ顏の一日。
そんな主人に乗ってもらうのを今か今かと外で待ちわびている山旅車でした。

 

 

一度ビゴーレに乗られた方は、また次もビゴーレに乗りたいと言って頂いています。
同じような形、見栄えでも一度乗るともう他の自転車には乗れないとのこと。見た目では分からない違いをオーナーの皆さんはたしかに感じ取ってくれています。この違いを感じにぜひ試乗しに来てください。

 

山旅車の在庫がいよいよ最後になってきました。

SM(490mm,適合身長158-173cm) は、白/黒ともに2台分、オーダーカラー用はラスト1台。

ML(530mm、適合身長170-183cm)は、黒は売り切れましたが、白はまだ在庫あり、オーダーカラー用は2台あります。

これまでも来店されて悩まれていますが、ご検討の方はこの機会にぜひオーナーとなって新しい自転車との日々をたのしんでほしいです。

山と旅の自転車は、京都本店、各特約店、ビゴーレ・ウェブ・ストアにて限定販売中です。

ウェブ・ストアはこちらです。 →

 

 

 

 

 

 

 

これまで乗られていた他社のロードバイクをビゴーレにしたいというお客様が京都本店に来られました。元々乗られていたこのバイクの乗り味が固すぎるということでビゴーレのクロモリ・レーサーに試乗してもらったらとても気に入って頂き、これまでのバイクからクロモリ・レーサーにパーツを移植する(組替)こととなりました。現在COLORSプレゼントを実施中ということもあり、フレームはレモン・イエロー、ロゴはグリーンという個性的な組合せ。 早速、これまで乗られたいたロードバイクの解体から。 まずは、全体に取り回されたワイヤをカットしハンドル周りのパーツから始まり諸々のパーツをフレームから外していきます。   最後にクランク周り。BBを専用工具で外したらいよいよ次は組付けへ。   今度は、クランク周りから。分解とは逆の段取りで進めていきます。   バーテープを巻くとといよいよ完成が見えてきます。  

組替完了。これまでのバイクからビゴーレに生まれ変わりました。今まで乗っていた自転車を無駄にせず活かしつつ、ビゴーレを楽しむという選択はビゴーレならでは。今回のビゴーレ・リフレッシュの内容は、 [新品交換部品] フレーム+フォーク、ヘッドセット、ハンドル、バーテープ、ワイヤー で組替工賃※込みで合計90,850円(税込)でした。同じものを新品でオーダーするよりも60%も安く新しくVIGOREのオーナーになってもらうことが出来ました。(※組替工賃は、持込み自転車の状況によって異なります。)

  • back to Index

↑ 上にもどる

Recent Entry
Category
Archive
  • まじめに遊び道具づくりを考えた。
  • クロモリ・レーサー 発売20周年。
  • ビゴーレたのしい! たのしい投稿をのぞいてみる
  • メールマガジンの登録をしませんか? Mail News