NEWS

HOMENEWS

2013.10.30 |

長生きしたいと思える自転車。

写真は、1970年代に作っていたビゴーレのミキスト。
ミキスト-mixte-とは、もともと男性向けであった自転車を男女共用のものとして女性でも跨ぎやすいようにハンドル部からサドル下までつながるトップチューブを細い二本のチューブにし、ハンドルから後輪まで一直線につないだフレームのものを指します。”Mixte”はフランス語で、英語の “mix” や “unisex” と同義。万人に自転車を楽しんでもらうべくヨーロッパで生まれたミキストですが、ビゴーレはさらに「走る自転車」としてオリジナルのミキストを早い段階から作っていました。

そして、彼女の愛車はそのビゴーレのミキストです。
80年頃にその自転車に乗り始めてから約30余年、サイクリングを日課としてほぼ毎日愛車に跨がり散歩に出かけます。ちゃんと手入れをし、調子が悪くなったら修理をし、たいせつに、たいせつに乗り続けてくれています。
今度もまたメンテナンスと修理のため姫路から京都本店まで自転車を持ってこられました。

 

オレンジ色のフレームにお気に入りのグリップとベルの付いたそのミキストは、今でも彼女の毎日に欠かせない一台。
今回、しばらく預からなくてはならない事を告げると彼女の顔は少々曇ります。
預かってもらっている間、大好きなサイクリングができないことをとても残念がっておられたのです。
そこで、彼女の息子さんが提案します。
「もう一台あれば修理に出している間も乗れるやん。」
その一言が、今回の自転車づくりの始まりでした。もちろん、「もう一台」はミキストです。
しばらく、ビゴーレのミキストは製作していませんでしたが、今回久しぶりに作ることとなりました。
図面となるイメージは片岡の頭の中。彼女の事を思い浮かべ、彼女にとって丁度良い一台となるように
材料を見繕い、加工し、そして自転車はできあがりました。(製作の顛末はまた後日。)

フレームの色は、彼女がお店で一目惚れした「あかり」の色。今度の一台はシックにまとめることになりました。

いよいよご対面の日。
作っている時から、うれしくて、うれしくて、寝られなかった彼女。
今日も姫路からの道のりではずっと新しい自転車で頭がいっぱいだったようです。

到着し、じぶんの新しい一台を見つけた彼女に、もはや言葉はいりません。

 

片岡の説明もほどほどに、なによりも乗りたい気持ちが勝って颯爽と駆けだしました。

その気持ちは勢い余ってどんどん走り出し、
あっ言う間にわたしたちの視界から姿を消してしまいました。

ようやく戻ってきた彼女の顔には満面の笑み。
1930年生まれ、御年80余歳。その快活な乗りっぷりに皆驚きを隠せませんでした。
そして、戻ってきて開口一番、
「なんで、こんなによう進むの?」
前のミキストよりもとても良く走るのです。
「同じように見えても、もちろん、進化しているんです。」
片岡は、自信満々にその問いに答えます。 
「そんなに違うの?」と彼女の息子さん。
彼もビゴーレオーナー、元々彼がビゴーレと彼女を引き合わせてくれました。 
その彼も母の一言に思わずそれに跨がり走り出します。

小柄な彼女に合わせたミキストは、彼にとっては少々小さめでしたが、
踏めばぐんぐんと進んでいくその自転車に、彼も思わず笑ってしまいました。
「これは、違うわ。」
そう、ビゴーレのミキストは、走ります。異型フレームだからといって操作性もダイレクト感も損なう事無く、
しっかり走るスポーツ車として他のビゴーレと同じエネルギーをかけて作りました。
今回は、より操りやすいようにとマウンテンバイクの操作性のノウハウをこのミキストに盛込みました。

見た目の大きな違いは無いので、本人達には何が違うのか不思議でならないようです。

その問いについて専門的な説明が片岡がしている間も、ずうっと笑みが止みません。
何かよく分からないけど、前よりも良く走る新しい相棒が、うれしくって、うれしくって仕方がないのだそうです。

常連のお客さんもいつまでも自転車をながめる親子と片岡が気になるとともに普段見慣れぬビゴーレに興味津々。 
「エンドは、カンパのロードエンドで‥」「26インチでも‥」「クランクは‥」常連さんの専門的な質問に片岡も饒舌に。

その間もしげしげと自転車を眺める二人。どうも、いくらながめても飽きないようです。

そのうち言葉をかわす事もやめ、
みんなでながめだしました。 
その間も彼女の顔には笑みが消えることはありませんでした。

いつまでもながめている訳にはいきません。
店内で引渡へ向けて最後の調整です。小物をつけ、各所を点検します。
今回のお気に入りの緑色のベルも取付けられました。

他のレース車やスポーツ車と同様、一カ所ずつ丁寧に点検します。
ちょっとした調整で乗り心地も変わるからです。すこしでも彼女の快適に乗ってもらう為に何度も何度もブレーキレバーの引き加減を確認する片岡。

最後に記念撮影。最後までみな笑顔です。


オーダーする事が決まってから出来上がるまで、ワクワクして眠れなかったという彼女。
すごく楽しみで早く見たかったという彼女の思いにしっかり応える自転車づくりができました。
帰り際に「今は、ねことサイクリングがたのしみ。これでまた長生きできる。」とわたしたちに言ってくれました。
長生きして少しでもこの自転車で一日でも多くサイクリングしたいとのこと。
彼女にとってかけがえの無い一台をつくれたことを光栄に思います。

これから毎日、彼女が新しいミキストでサイクリングに出かける様子が目に浮かびます。
ちなみにこの自転車では、買い物には行かないそうです。

彼女のサイクリング専用自転車、ビゴーレのミキスト。 現在は正規のラインナップではありませんので、一からの製作となりましたが以前つくった勘とこれまでのノウハウを基にその製作はとてもたのしいものでした。今回も一点のみの製作となったため試乗できるものがありませんが、このミキストにご興味が有ればビゴーレ京都本店までお問い合わせ下さい。

変わらないけど、新しい。
それがビゴーレの自転車です。

2013.10.30|

2013.10.01 |

クロモリレーサー 20周年。




2013.10.01|

2013.09.23 |

台風18号でラボが被災。

先日の京都を襲った台風18号。嵐山、福知山の西の方の被害状況がニュースでも大きく取り上げられましたが、京都の東に位置する北白川方面、私たちのラボのある場所でもその被害がありました。台風の去ったその日に心配になりラボまで行くと、ラボの前の道が川になっており、未だ土砂が流されてきている状況。山から大量の水と土砂が流れ込み、それまでの地面のレベルから約70cmほどが埋まってしまっている状態に呆然となってしまいました。
 

lab.被害01

乗り付けた車もみるみる砂に沈んでいく始末。

ラボ被害02

右端の黒い箱は、エアコンの室外機。殆ど埋まってしまっています。もちろん、そのままでは扉すら開ける事が出来ません。

 

とりあえず水が引くのを待って、土砂の撤去。(初日に流れた土砂をかき分けていたのですが、次の日にはまた流れ出てきて元の木阿弥でした。。)
となりの土木業の方が協力してくれ、重機で砂かきしてもらいなんとか中へ入れるまでに。

ラボ被害03

扉周りの土砂をかき分け、中に入ると、、全て水浸し。また泥土も侵入してしまっていました。

 埋もれた室外機が漸く見えてきました。

 先週はほぼ水はき泥かき。こちら(京都東側)の被害についてはあまり語られることなく、片岡となじみのお客さんの少数での作業でみなふらふらになりながらの作業ですが、なんとかせねばの思いで漸く床が見えてきました。

工作機器類も水浸しになり、しばらくは機械の動作を確認作業が必要そうです。とりあえずは完全に乾くまで様子見の状況。

週末までには、と思い作業をすすめていましたが週末には京都本店でお客様への対応をすべく一端終了です。

 

ラボ前の道を上手から見たところ。土砂の流れ出しは収まったものの、水は流れ続け小さな川のようになってしまってます。私たちより奥はいまだ車も乗入れる事が出来ない状態です。これまでこのようなことが無かっただけにその衝撃は計り知れません。

片岡の試作/制作拠点であり、ビゴーレフレーム/パーツのバックヤードでもあったラボの被災は大きな痛手です。
しかし今回、京都本店は無事だったのがせめてもの救いであり、これでへこたれず、本店スタッフはいっそう頑張っていますので、みなさんぜひ来店ください。

 

2013.09.23|

2013.08.20 |

クロモリレーサーのベースモデルがアップデート!

1993年に発売を開始したクロモリレーサーは、そのシンプルなスタイルゆえに古びる事無くその時代の自転車で在り続けています。ベースのフレームのスタイル/構成に大きな変更はありませんが都度毎に見直しを図り微細な設計変更を重ね、その他のパーツ類もその時の新仕様へ変更することで性能も常に深化させています。
今回も、シマノがロードレースバイク向けのアッセンブル・コンポーネント(駆動系、変速機並びにブレーキ類)の2300の後継モデルとして“Claris“を新発売し漸く8月から供給が始まりましたので、早速ビゴーレのロードレース車のモデル eならびにプレミアムモデルのシンプルモデルをこの新しいパーツを組付けた仕様としました。
新仕様にアップデートしたのは下記のモデルとなります。

クロモリレーサー/Model e 】旧仕様:シマノ2300 →新仕様:シマノClaris

クロモリレーサー/あかり/シンプルmodel 】旧仕様:シマノ2300 →新仕様:シマノClaris

クロモリレーサー/照応/シンプルmodel】旧仕様:シマノ2300 →新仕様:シマノClaris

まずは、ベーシックなクロモリレーサーのモデルeで組んでみました。

見た目では、クランク周り/変速機周り/ブレーキが変更となっています。パーツカラーが“ストーン・メタリック・シルバー”となりこれまでの2300より深みのある雰囲気となってビゴーレの各車にとてもマッチしてます。

クランク周りアップ。エッジの利いたシャープなクランクデザインは、前モデルとは印象がだいぶ異なります。

リアメカ周りアップ。こちらもシャープなデザインへ変更されるとともにリア・スプロケット(ギヤ)の歯数が増え、登り走行にてより軽快なギヤ比を選択できるようになったとともに走行中により適正なギヤを選択できるようになりました。
(※ ヒルクライムやツーリングにも適したギヤを選択いただけます。詳しくはお店でご確認ください。)

 

リアブレーキ周りアップ。統一性があり控えめながらしっかりとしたなデザインは、ビゴーレの自転車にとてもマッチします。

 オプションですが、デュアルコントロールレバー(+5,250円)は、上位グレードと同様の設計に変更され、簡単で直感的な操作が可能になりました。感覚的にはレバー自体握りやすくなり、ドロップハンドルの下部分も握りやすくなったのでこれならお客様にすすめられるものとなりました。(もちろん、より軽快なハンドリングを求められる方にはダブルレバーもおすすめです。)
※コンポーネント以外のパーツ(サドル/ハンドル等)はこれまでと同仕様です。


今回新パーツを組付けたものを試乗してみて。以前より各部(クランクセット/フロントディレイラー/チェーン)のトータルでの設計を意識されているようでベースモデルながら変速性能が一クラス上のものへの向上したように感じます。
この辺の技術も日進月歩なんですね。ベースモデルからこれだけの性能を出してもらえると、私たちのフレーム性能を十分に堪能してもらいやすくなり、より多くの人の日々の「自転車に乗るたのしみ(Driving PleasureならぬRiding Pleasure)」へつなげていくことが出来ます。いつもながらシマノさんの新しいパーツの開発に感謝いたします。

今回、新パーツになりパーツ類の価格は若干アップしましたが、まずは完成車価格はそのままで皆さんに提供したいと思います。
(※新パーツ組付車はパーツ供給の加減により納期が大きく変動することがございます。モデルe、“あかり”、“照応”のシンプルモデルをご希望の際は予めご了承下さい。)

また、新しいクロモリレーサーを一度試乗してもらうべく、現在京都本店にて試乗車を準備中ですが、現状では新パーツの供給が間に合っておりません。。新しい仕様のクロモリレーサーを試乗ご希望の際は事前にお問い合わせ下さい。

変わらないけど、新しい。
そんなビゴーレのクロモリ製ロードバイク、クロモリレーサーの詳細はこちら→

2013.08.20|

2013.01.16 |

ウェブ・ストアでカード決済が対応いたしました。

お支払い・送料について」をご確認ください。

2013.01.16|

2012.10.25 |

はじまりのはじまり

メールマガジンの購読希望をお申し込みください。  

2012.10.25|

2012.06.12 |

コゼバックアトリエ訪問

先日、京都に拠点を移したコゼバックさんの工房を訪問しました。コゼバックさんは、元メッセンジャーのちえさんが、その経験を基に立ち上げたブランド。もちろん制作もちえさん、その手からすべてのコゼバッグが生まれます。軽量かつ扱い易いバッグは、女子の視点が多分に活かされています。

 

訪問時も黙々と制作中。

 

傍らに置かれた生地たち。表面には帆布が使われていて使う程にじぶんのものになっていくかわいいやつです。

 

ビゴーレと同じくオーダーを受けてからの受注制作が主です。もちろん、スティッチの色も選ばせてもらう事が出来ます。

 

バッグを縫う手元の周りには張りつめた雰囲気。ものづくり独特の緊張感がいい感じです。

 

実は今回、京都本店に置かせてもらうバッグを見繕いに伺いました。いくつか出来上がったものの中から、左の三つを持って帰ります。どれも一品もの。特に真ん中の深めのトートは、この形はこれしかないものです。(ちえさんが実験的につくったものです。)

 

もちろん、ビゴーレで販売するのですが、ビゴーレで買ってもらうコゼバッグには、特別にビゴーレタグもつけてもらっています。ちょっとしたことなんですが、わたしたちもちょっとうれしいです。

 

先ほどのトート、こんなところにも遊び心が。(写真では分かり難いかもしれませんが、スティッチが?になっています。)

ビゴーレと同じく京都でまじめにものづくりしているコゼバッグは、京都本店でも限定ものだけでなくオーダーも受け付けています。自分のかばんが欲しい人は、気軽にご相談ください。

コゼバッグについて詳細はこちらで。
http://www.cosset-bags.com/

2012.06.12|

2012.01.13 |

ビゴーレ特製エコバッグ

ビゴーレからのささやかなお年玉です。
現在、NEW YEAR Specialを実施に伴い、そのニュー・イヤー・スペシャルポストカードを京都各所で配布していますが、そのポストカードを京都本店に持ってきてもらって提示すれば、ビゴーレ特製のエコバッグをプレゼントしてます。ちょっとした買い物に、書類の持ち運びに、またかばんに忍ばせていざという時の荷物入れに使うのにちょうどいいサイズです。数量限定ですので欲しい方はお早めに。

【ポストカード配布場所】

LoftMan BD (アパレル)
〒604-8045 京都府京都市中京区寺町通蛸薬師下る円福寺前町273
TEL : 075-212-3988/FAX : 075-212-3860

 

LoftMan Ohana  (アパレル)

〒604-8045 京都市中京区寺町蛸薬師下ル円福時前町281
TEL 075-256-8008 / FAX 075-256-8007

 

LoftMan Coop (アパレル)
〒604-8045 京都府京都市中京区寺町通蛸薬師下ル円福寺前町280
TEL 075-212-5352 /FAX 075-213-6713 NADI
〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町107-1 ジュネス北山 tel.075-723-0888/fax.075-723-0889

 

イノブン 四条本店(雑貨)
〒600-8002
京都市下京区 四条通河原町西入ル御旅町26
TEL(075)221-0854 FAX(075)256-4080 イノブン ネオマート河原町店 (雑貨)
〒604-8041 京都市中京区 蛸薬師通河原町西入ル
TEL(075)256-3513 FAX(075)256-4363 イノブン ネオマートVINTAGE STYLE (雑貨)
〒603-8052 京都市北区 上賀茂松本98
TEL(075)723-5595 FAX(706-4058)

 

クラチカ (かばん)
京都府京都市下京区四条寺町 藤井大丸6F
075-252-3464

 

チチカカ (アパレル)
京都市北区上賀茂今井河原町66 TREE`Sビル1F
tel/fax 075-712-0920

 

マーブル (カフェ)
〒600-8083 京都市下京区仏光寺通高倉 東入ル西前町378 / TEL : 075-634-6033.

 

賀茂窯 (陶芸教室/カフェ)
〒603-8065 京都市北区上賀茂御薗口町59-12TEL&FAX 075-723-0554

 

INDULGI (インダルジ、雑貨/アパレル)
京都府京都市中京区三条通高倉東入桝屋町53-1

 

【内容】
上記場所にてキャンペーンポストカードを京都店にて提示したら、ビゴーレ特製エコバッグをプレゼント。
期間 2012年2月5日まで (もしくは、無くなり次第終了)

2012.01.13|

2011.09.22 |

コラム第二回『まじめモノづくり』〜KATO`〜

JIKUのコラム『まじめにモノづくり』の第二回を更新しました。今回は、京都を拠点に世界で活躍されているTEAMKIT(チームキットジャパン)を主宰されている加藤氏にスポットをあてた、「モノのアジ」というテーマ。加藤氏のブランド「KATO`」は、ジーンズに合う服づくりをされており、そこでは服を「道具」として開発されています。そこで重きを置かれているのが長く使ってもらうための工夫です。使い捨てではなく、使っていくうちに自分のものとなる「道具」となるために素材開発から行っておられます。今回、トップに掲載させてもらった写真は、加藤さん自身がはかれていたジーンズ。新品が良い時代に使い込んでこそその価値が分かる物づくりには感服するとともにビゴーレのモノづくりとしても共感します。

 

アトリエでの加藤氏。普段は温和な雰囲気の加藤氏も仕事の現場では一気に意識が集中するのが端からみていてもわかるほどでした。
使い込む事によって、モノが痛むのではなく、その「朽ち」様が「アジ」となるモノづくり。言葉で言うほどそう単純なものではないです。糸からそれらを作り出す織機にいたるまで意識し、すべての工程において管理していくTEAMKITの仕事は、表層だけのものではない真の「モノをデザイン」を実践されてました。

 

アトリエの方々に試験的に制作されたサンプルが所狭しと並んでいます。素材の質感だけでなく、その素材をいかに活かしたものができるかを日々検討されているのが加藤氏の説明を交えながら一点一点を見ていくとよく分かりました。そのいろいろな仕掛けは、決して目を引くだけの奇をてらったものではなく、派手さはなくとも着続けてもらうための作り手の実直さが見えてきます。かといって野暮ったい訳でもなく、とてもセンスよく見た目もまとまっています。
さら(新品)のときにはその違いは分かりづらいかもしれません。でも使っていくうちにその価値が見えてくる。愛着のわくモノづくり。使い捨てのこの時代に新品の状態での評価しか見えづらい中でなかなかこのようなモノづくり、またそのものづくりから生み出されるものに巡り会えないような気がします。

 

最後に加藤氏と片岡の2ショット。ジャンルは違えど二人ともモノづくりに対する思いの強さをその笑顔の瞳の奥に感じました。
いろいろなものが安く、すぐにできてしまう中で、人のためとなる少しでも良いモノづくりをお互いに進めていければと思います。

今回のコラムの詳細は、 →こちら。
加藤氏のブランド「KATO`」については、→こちらから。

2011.09.22|

2011.07.12 |

AXIS/JIKUコラム『まじめにモノづくり』

実は、今年の春から、デザイン総合誌のAXISさんのサイト、JIKUにてコラム連載を始めております。
タイトルは『まじめにモノづくり』。京都をはじめ、VIGOREと縁深いもしくは共鳴する人、モノ、場所を取り上げ抵抗という企画。
とはいうものの、まだそんなに連載を進められておらず、今回ようやくの第二回、「モノをえらぶ。」というテーマにて京都嵯峨野で展開する鳥澤ブルース・リー氏の筆箱を取り上げました。
コラムについては、→こちらへ。
VIGOREバイクの嵯峨野でのPR用の撮影後に、アトリエ兼ギャラリに訪問しました。私たちの訪問時には奥で画面に向かって考え事のブルースさん。

 

モノづくりについていろいろな話をした後にコラム用の撮影を開始。 ギャラリの作品の順番/レイアウトを再度見直して、より写真映えするようにと配慮いただきました。でも、全体を映せるように広角レンズで撮ったので、ブルースさんの細やかな配慮が‥。もちろん、効果的に働いています。↓

 

こんなかんじで。。 できれば、ブルースさんの写真も撮りたいと伝えたところ、こんな風に撮ってとのリクエスト。それは、コラム本編で確認を。

 

ブルースさんも片岡同様、凝りだしたら止まらないタイプ。写真撮影もいろいろ興味深そうなので、今回は、ブルースさんにカメラを預けて思うように撮ってもらうようにしました。
それで、一番時間のかかったのが自転車とピープル(ブルースさんの筆箱)とのコラボ写真。店内に自転車をおくと白々しすぎるので店先に自転車をおいての撮影ですが、店内と外との光の差が大きくなかなかうまく撮れません。同じようなアングルからカメラの設定を何度も変えての撮影が延々と続きました。。

 

アングルもいろいろ気になりだして、
店先に脚立をおいて撮影もはじまってしまいました。

 

さらには、道路の向かいから。

 

そして、下から。
約5時間、こうかな?とみんなで悩んだ撮影会で撮ったコラボ写真は、結局本編では、内容とちょっと外れるので一枚も採用せずとなってしまいました。。でも楽しい一日を過ごせました。 京都の嵯峨野に赴く際には、一度ブルースさんのギャラリに足を運んでみてください。

鳥澤ブルース・リー氏のサイトは、こちら
これから不定期にこのコラムも更新していきますので、ほどほどの期待感をもっておつきあいください。

2011.07.12|
vigore instagram
vigore facebook
 
vigore twitter
vigore line