久しぶりのお客さんが、自分のパートナーとなる新しいビゴーレを求めて京都本店へ来られました。
今は東京での生活でなかなかこちらには来られないようでしたが 、今回は自分の自転車をより楽しく乗るために相談に来られました。
それまでもずっと自転車に乗っておられて、去年にはトライアスロンの大会に出場。でも、今乗っているバイクでは固すぎて身体への負担が高く、完走するのがとても厳しいものに感じたそうです。
誰かと競うためではなく、自分への挑戦として始めたトライアスロン。
自分の今の乗り方に合った道具を選びたい。それは、アルミでもなく、カーボンでもない。
最後まで自力を発揮できる、よく走るクロモリ製のロードレーサーを探していたそうです。 
そして、ビゴーレのクロモリレーサーに辿り着かれました。

 もちろん、そのままのスタイルという訳ではなく、より実践へ向けたアッセンブル(組付)にします。

フロントフォークは、剛性/ショック吸収性のより高いカーボン製のものを選択。

コンポーネントパーツは、シマノの105をベースに。

ホイールは、ワングレード上のアルテグラ。レースに出るため少しでも身体に負担をかけず、しかし自らのパワーを効率よく前進する推進力に変換してくれるような組み合せをしっかり選んでます。そして手元はDHバー、メーターを取付。

変速も手元で可能となるようにSTIにしてより走る事に集中できるようにしてます。街乗り仕様とは異なる組み合せですが、より前へ進む事へ集中できるように組付けてます。

レースで速く走る事は大切です。
しかしそれは、誰かに勝つためではなく、最後まで自分への挑戦、自分との戦いに勝利するため。
そんな挑戦者にとって、果たしてトップ選手が使用するバイクを選択する事が最適な道具選びなのかということに対してここでは一つの方向が示されているように思います。

今回、最後の最後まで自分の力を発揮しきることができる道具としてクロモリレーサーを選んでもらった事を私たちは 素直に喜んでいます。

自分の力を最大限に発揮するために
何が自分に合っているのかを知るために
ビゴーレで乗り比べてみてください。

トライアスロンも戦えるクロモリレーサーについては→

クロモリレーサーの購入はこちら→

]]>